ここから本文です

【減塩レシピ】子どもと一緒に作って楽しい「牛肉とセロリの焼き餃子」

4/1(土) 11:30配信

東京ウォーカー

きょうから4月! 子どもの新入園・入学で気分が華やいでいるお宅も多いのでは? そんな月初めの週末には、子どももお手伝いできる餃子がおすすめ。中身はちょっと目先を変えて、比較的安価な牛切り落とし肉とセロリで。具材をコネコネしたら、みんなで皮に包むのも楽しいもの。塩分控えめなので、高血圧などが気になるパパにもうれしい!

【画像】ほかにもいっぱい!「餃子」レシピ(記事下にレシピへのリンクあり)



【牛肉とセロリの焼き餃子】(1個分42Kcal、塩分0.2g、調理時間25分)



<材料・24個分>牛切り落とし肉150g、セロリ(葉つき)1本、餃子の皮24枚、たれ(酢大さじ1、豆板醤/トウバンジャン小さじ1/4)、塩、オイスターソース、サラダ油



<作り方>

1.セロリは茎と葉に切り分ける。茎は縦半分に切って横薄切りにし、葉は粗く刻む。ともに塩小さじ1/2をもみ込み、約5分おいたら水けを絞ってボウルに入れる。牛肉を粗く刻んで加え、塩少々、オイスターソース小さじ2も加えて、少し白っぽくなるまで練り混ぜる。

2.餃子の皮1枚の中央に1を1/24量(小さじ1 1/2が目安)のせ、縁に水をつけてひだを寄せながら包む。同様にしてあと23個作る。

3.フライパンに油小さじ2を中火で熱し、2を並べ入れる。底にうすく焼き色がついてきたら水1/2カップを注ぎ入れて弱火にし、ふたをして約5分蒸し焼きにする。ふたを取り、底がこんがりとするまで強火で焼く。器に盛り、たれの材料を混ぜて添える。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:4/1(土) 11:30
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

今日のカレーなんにする?
夏、カレー!この一冊で全網羅
イベント&スポット総数60軒
この夏、絶対したいこと。