ここから本文です

歩いて、歩いて。千葉は袖ケ浦市で、源頼朝伝説が残る「万騎坂」をたどった

4/1(土) 8:00配信

BEST TIMES

全国6位の人口を抱える千葉県の奥深い歴史。「地名の由来」シリーズでおなじみ谷川彰英氏の最新刊、『千葉 地名の由来を歩く』から源頼朝伝説の地をたどる。

(6)「万騎坂」 袖ヶ浦市

 さて、数字にこだわる最後の挑戦が「万騎坂」である。袖ヶ浦市の東北部で、山を越えると市原市である。とにかく坂の特定は難しい。東京の坂のように、坂名が標識で書かれているわけではない。まずとりあえずは「御所覧塚」(ごしょらんづか)を探す。やはり手掛かりは笹生氏の著書の中の次の一節のみである。

「街道上くびれたような須軽田坂を上ると、6万坪、御領という広大な平地に出る。ここをまっすぐに延びる鎌倉街道のすぐ脇に御所覧塚と呼ばれる塚がある。頼朝がここで、塚を築かせ、この塚で軍兵を閲兵したといわれている。地形的にも大軍団が駐屯するにふさわしい場所である」

 この塚は地元の人に一回訊いただけですぐ見つかった。思ったよりは小さな塚だった。細い標識に「御所覧塚は、治承4年(1180)に源頼朝が、平家打倒のため上総国を通過した際にこの塚を築かせ、塚上で武士達を閲兵したとの言い伝えがあります」と書かれている。いかにもありそうな話ではある。
 さて、問題はこの近くにある「万騎坂」をいかに探し当てるかである。手掛かりはやはり笹生氏の「御所覧塚の手前には、栢橋方面から川原井を通り、この鎌倉街道に合流する道がある。それが万騎坂で、頼朝軍が一万騎ほどで越えたと伝えられる坂である」というくだりだけである。
 通りかかった地元の人に訊いてみてもよくわからないという。地図を見ながら、おそらくこの道では? と思った道に行ってみた。御所覧塚から200メートルほど離れた場所にあり、鎌倉街道と確かに交差している。行ってみると、道標もあり、それらしき風情の古道が走っている。間違いないと確信した。これがおそらく「万騎坂」なのだろう。

 鎌倉街道に戻って農作業をしている地元の人に訊いてみた。「あそこを通っている道が万騎坂でしょうか?」まだまだ若いともいえる中年の男性は「聞いたことない」という。するとそれを聞いていた古老の方が、「そうだよ、地元では[万坂]と呼んでいるよ」と気持ちよく教えてくれた。これで決まりである。この坂を通って鎌倉街道に出、かの御所覧塚で閲兵したという話である。

文/谷川 彰英

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。