ここから本文です

東京・文京区で「書生」が復活。学生は家賃3万円台で本郷界隈に住むチャンス

4/1(土) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

ROOMIEより抜粋:「書生」という言葉を聞いたことがあるだろうか。明治時代や大正時代、大学に通うために都心の親戚や知人の家に間借りし、家事などを手伝いながら勉強に励んでいた学生のことをいう。単身者用のアパートなんてない時代、地方出身の学生の多くがそうやって大学時代を過ごした。

【リンク先へは、コチラから】

「東京大学」もあり、かつては「書生の街」でもあった本郷で、21世紀版の「書生」になれるプロジェクトが進行中だ。その名も本郷書生生活。気になるその暮らしについて見てみよう。

なぜ今「書生生活」なのか

学生と街、両方のニーズにマッチ

地方の若者が都心の大学に通うための手段であった「書生」を現代に復活させたのが、この「本郷書生生活」。その中身を覗いてみると、学生と街、どちらにもハッピーなシステムだった。

まず学生にとって、大学の近くに暮らしたくても家賃の問題があったりとハードルは高い。しかも本郷となると都内でも一等地、なおさらだ。一方で、本郷界隈には空き部屋がどんどん増えているという現状がある。

それならばと、まちづくりNPO・街ing本郷が安く住みたい学生と空き部屋を持っている大家さんをつなぐプロジェクトとしてはじめたのが「本郷書生生活」なのだ。

もう一つの地元ができる

「書生」というからには、ただ借りるだけではない。昔の書生は貸主の手伝いをしていたようだが、地域の活動に参加するなど街とゆるく関わりながら生活するスタイルが現代の書生。その声を聞いてみると、みんな本郷を第二の地元のように感じている様子だ。


以下のリンク先では、どんな物件に住めるのか、ほかにはどんなメリットがあるのかなどが紹介されているので、ぜひご覧ください。


お手伝いしながら東京の一等地に3万円台で住む。地域と暮らす「書生生活」 | ROOMIE(ルーミー)

(sato)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事