ここから本文です

羽生V、歴代最高得点に世界が衝撃「キングが帰還」「涙は金メダルより重い」

4/1(土) 23:03配信

THE ANSWER

フリー世界新で逆転V、各国が続々速報「ハニュウが世界記録で金メダル」

 フィギュアスケートの世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)は1日、男子フリーが行われ、羽生結弦(ANA)が自身の歴代世界最高を更新する223.20点をマーク。ショートプログラム(SP)は5位と出遅れたが、合計321.59点に伸ばし、圧巻の逆転Vを飾った。世界の各国メディアは3年ぶりの世界王者に返り咲いた羽生の偉業を「キングが王座に帰還した」などと続々速報している。

【画像】羽生結弦&宇野昌磨の”名シーン”ギャラリー

 スペイン地元紙「エル・パイス」電子版は「ユヅル・ハニュウがハビエル・フェルナンデスから世界王者を奪う」と見出しで特集した。

「ジャッジの評価を受ける間の羽生結弦の涙は金メダルよりも重かった。昨年来、氷上で歴史を記してきたハビエル・フェルナンデスだが、キングが王座に帰還した」

 採点が出るまで感極まった表情でうっすら涙を浮かべていた羽生が、2連覇中のフェルナンデス(スペイン)から王座を取り戻した偉業をこう讃えている。

 フランス地元紙「レキップ」電子版は「ユヅル・ハニュウが世界記録で金メダル」とレポート。「日本人はショートプログラムで5位だったが、ライバルを圧倒し、世界新記録で金メダルを勝ち取った」と逆転劇を高く評価している。

 英地元紙「デイリー・メール」電子版は「日本のハニュウが2度目のフィギュアスケート選手権優勝」と速報した。フランス誌「ル・ポワン」電子版は「日本人ユヅル・ハニュウが2度目の世界タイトル」とレポートし、クロアチア国営放送「HRTスポーツ」も「日本人のユヅル・ハニュウが王座奪還」と続いていた。

 世界最高得点による羽生の逆転劇は、日本のみならず、早くも世界中に大きな衝撃が広がっている。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:4/2(日) 13:50
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。