ここから本文です

Base Ball Bearのバイタリティ溢れる一夜 『バンドBのすべて 2016-2017』ファイナル公演

4/1(土) 17:00配信

リアルサウンド

 3月29日、Zepp TokyoにてBase Ball Bearによるツアー『バンドBのすべて 2016-2017』のファイナル公演が開催された。2016年3月、メンバーの脱退というバンドの存続をも揺るがす経験をした彼らは、今回のツアーでサポートギタリストに弓木英梨乃(KIRINJI)を迎え、グループとしての安定を取り戻した印象を受けた。

 いつも通りSEのXTC「Making Plans for Nigel」が流れると、満杯のフロアの歓声に迎えられ、メンバーが登場。代表曲のひとつ「BREEEEZE GIRL」で会場を一気に熱くすると、そのまま堀之内大介(Dr/Cho)のカウントで爽やかな「senkou_hanabi」へ。MCでは小出祐介(Vo/Gt)が特設サイト『青い春.com』で行なった楽曲の特別投票企画「君の目」のランキングをセットリストに反映させたことを説明しつつ、「(選ばれた曲は)部活でいうとサッカー部とかテニス部とか。モテモテの曲」と相変わらずの小出節で会場を笑わせた。

 そのまま「(ランキングで)ナンバー2の曲です」と、“ボーイミーツガール”を歌った初期の楽曲「彼氏彼女の関係」を披露。続く激しいロックチューン「ストレンジダンサー」では、小出と弓木による熱いギターバトルを見せた。さらに「BOYS MAY CRY」「SCHOOL GIRL FANTASY」で、会場を瑞々しく澄んだ雰囲気に。フロアの観客たちは、ライブでやることが少ないレアな楽曲を噛みしめるように楽しんでいた。

 「切ないナンバーを」と「Transfer Girl」を歌い、定番曲「short hair」へ。さらに続く「初恋」の終盤では弓木が熱いギターソロを弾き上げ、会場を圧倒。関根史織(Ba/Cho)も弓木につられるように、楽しげに跳ねている様子が印象的だった。

 MCで「弓木さん、最高でした! 4カ月楽しかったです」と笑顔を見せた小出。メンバーで部屋飲みをしたというエピソードも明かされ、ツアーを回る中でメンバー間の距離が縮まったことを感じさせた。

「1回休んで、しっかり準備して……っていうのは自分たちらしくない。歪な状態すらも見て欲しかった。当初思い描いていた道とは、違う道を歩いているかもしれない。でも、この先にも良いゴールがあると思います。これからも見守ってください!」(小出)

 そして彼らの原点ともいえる楽曲「17才」へ。<生きている気がした気持ち それが全てだ>と繰り返される歌詞に、全力でパフォーマンスする彼らの姿が重なってドキリとしてしまう。そのまま「曖してる」「Tabibito In The Dark」「yoakemae」と熱量溢れるパフォーマンスを次々と披露。さらに「海になりたい part.2」では4人がステージの中央に集まり、向かい合って弾く姿も。年をまたいでアルバム『光源』の発売を記念した全国ツアーを行ない、再び弓木をサポートに迎えることを明かすと、「PERFECT BLUE」で本編を締めくくった。

 アンコールでは新アルバムから爽やかで少し切ない「SHINE」、さらに小出がレアなラップを披露した「The Cut」を演奏。小出はMCで「めちゃんこ楽しかった!」とツアーへの思いを素直に表現した。文字通り身を引き裂かれる思いをしたバンドが、ライブを、音楽を、心底楽しんでいるーーその事実に感慨深いものを感じずにはいられない。「全エネルギーを詰めた」という新アルバム『光源』が、バンドの歴史に新たな1ページを刻む予感に満ちた、バイタリティ溢れる一夜だった。

村上夏菜

最終更新:4/1(土) 17:00
リアルサウンド