ここから本文です

リバプールがダービーマッチ勝利。10番の美技などでライバル下す

4/1(土) 22:28配信

フットボールチャンネル

【リバプール 3-1 エバートン プレミアリーグ 第30節】

 イングランド・プレミアリーグ第30節が現地時間の1日に行われ、リバプールとエバートンがマージーサイドダービーを戦った。

イングランド・プレミアリーグ【最新順位表】

 リバプールは4位を維持しているとはいえ、5位マンチェスター・ユナイテッドと6位アーセナルより2試合を多く消化しており、勝ち点を落とす余裕はない状況。一方のエバートンも勝てば上位浮上が見えてくる勝ち点差であり、来季チャンピオンズリーグ出場権を争う上でも大きな意味を持つ一戦だった。

 開始からわずか8分、先手を取ったのはホームのリバプール。フィルミーノからパスを受けたマネがドリブルで自らエリア内まで仕掛け、相手GKの逆を突く正確なシュートをゴール右隅へ流し込んだ。

 29分にはエバートンも反撃を繰り出し、CKからのボールがゴール前にこぼれたところをペニントンが押し込んで同点とする。今季初出場となった22歳のDFが、ダービーの大舞台で見事起用に応えた。

 だがそのわずか2分後には再びリバプールが突き放す。コウチーニョが鋭い緩急をつけたドリブルで守備陣を翻弄すると、右足の巻いたシュートをゴール右隅へ。華麗な個人技を披露した10番のゴールによりリバプールが1点をリードして前半を折り返した。

 さらに60分、交代で入ったばかりのオリギがコウチーニョのパスを受けてエリア手前でフリーになり右足を一閃。強烈なシュートをゴール左に突き刺してリードを2点に広げる。

 そのまま3-1で勝利を収めたリバプールは、クロップ監督の就任以来ダービー3連勝。暫定的ながら3位に順位を上げ、来季の欧州行きに向けて前進を果たしている。

【得点者】
8分 1-0 マネ(リバプール)
29分 1-1 ペニントン(エバートン)
31分 2-1 コウチーニョ(リバプール)
60分 3-1 オリギ(リバプール)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)