ここから本文です

安倍首相とスペイン国王晩餐会出席のエイバル乾 ビジャレアル戦で今季初ゴール!

4/1(土) 21:52配信

Football ZONE web

リーグ戦2試合欠場前に、チームに置き土産

 エイバルに所属するMF乾貴士は現地時間1日、リーガ・エスパニョーラ第29節ビジャレアル戦に先発フル出場。後半にイエローカードを受けたものの攻守両面で献身的なプレーを見せ、今季初ゴールでチームを3-2勝利に導く大活躍を見せた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 乾は4月3日から来日するスペイン国王と安倍晋三首相との晩餐会に出席することになった。一時帰国でリーグ戦2試合の欠場が確定となるなかで、難敵ビジャレアル相手に対して中盤左サイドの位置でスタメンとして起用された。

 試合前半はビジャレアルが地の利を生かし、前半18分にFWロベルト・ソリアーノが先制点を決めて、ホームチームの1点リードで前半を折り返した。しかし後半3分にペナルティーエリア内右でFWキケ・ガルシアが相手DFに倒されたとして、PKの判定が下る。ビジャレアルは抗議したものの覆らず、このPKをMFペドロ・レオンがゴール右隅に決めて1-1の同点に追いつくと、レオンのもとに乾が真っ先に向かい、祝福した。

 その直後、ビジャレアルが攻勢をかけると、エイバルのDFが自陣ペナルティーエリア内でハンドにより防いだかのように見えたがホイッスルは鳴らなかった。命拾いしたエイバルは同9分、右サイドのクロスに対してFWキケ・ガルシアが合わせて2-1と逆転に成功した。

一時帰国中に累積警告を“清算”する形に

 後半に入ってボールに絡める機会が減った乾は、同19分のファールに対して警告が提示される。乾にとっては今季5枚目のイエローカードで次戦出場停止となったが、一時帰国中に累積警告を“清算”する形となった。

 そして同32分、乾に待望の一撃が生まれる。相手MFジョナタン・ドス・サントスのコントロールミスに素早く反応して右サイドをドリブルで抜け出すと、相手GKの位置を冷静に見極めて右足シュート。ゴール左隅に突き刺した。今季初ゴールは勝利を決定づける追加点となった。

 その後、同43分にビジャレアルはロベルト・ソリアーノの1点を返したものの、エイバルは逃げ切り3-2で勝利した。

 日本の外交問題で一時帰国することになった乾は6日の本拠地ラス・パルマス戦と9日の敵地セルタ・デ・ビーゴ戦を欠場することになるが、ホセ・ルイス・メンディリバル監督は試合前に非情な通告をしていた。

日本帰国直前の一戦で存在価値を示す

「選手が1人不在となれば、他の誰かがその不在を最大限に利用することになる。もしも、誰かがチャンスを掴むとするなら、苦しむのは乾になるだろう」

 代役の活躍次第で乾は出場機会を失うと明言していたが、来季のUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得を目指すチームに、敵地で大きな勝ち点3をもたらした乾。日本帰国直前の一戦で意地と自らの存在価値を示した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/1(土) 22:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新