ここから本文です

【自転車レース】ドパンヌ・コクセイドの3日間レースでベルギーチャンピオンのジルベールが総合初優勝

3/31(金) 7:02配信

CYCLE SPORTS.jp

最終ステージ個人TTはルーク・ダーブリッジが優勝

週末のロンド・バン・ブラーンデレンが迫ったベルギーで開催されていた第41回ドパンヌ・コクセイドの3日間レース(ヨーロッパツアー2.HC)は、3月20日にドパンヌで最終区間の個人タイムトライアルを競い、ベルギーチャンピオンのフィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ)が総合初優勝した。

最終区間の個人タイムトライアルは、オーストラリアのルーク・ダーブリッジ(オリカ・スコット)が優勝した。

日本の小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)は19分18秒遅れの総合105位で完走を果たした。


■ドパンヌで総合初優勝したジルベールのコメント「この勝利を母国でもたらすことで、チームの信頼に応えることができたからうれしいよ。チームメートたちにも感謝しなければならない。彼らはボクを危険から遠ざけ続け、ボクがこのレースで勝てるように心底頑張ってくれた。ここでロンド・バン・ブラーンデレンの準備をしたのは正しい選択だったと思う。自分が感じたもの、得たものに本当に満足している。日曜日にはやる気満々で、その素晴らしいレースが楽しみだ」
 
■第3bステージ結果[3月30日/ドパンヌ~ドパンヌ/14.2km]
1 ルーク・ダーブリッジ(オリカ・スコット/オーストラリア)17分38秒
2 シルバン・シャバネル(ディレクトエネルジー/フランス)
3 アレクサンダー・クリストフ(チームカチューシャ・アルペシン/ノルウエー)+2秒
4 マルセル・キッテル(クイックステップフロアーズ/ドイツ)+3秒
5 マティアス・ブランドレ(トレック・セガフレード/オーストリア)+5秒
6 アレクサンダー・エドモンドソン(オリカ・スコット/オーストラリア)+9秒
7 フィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ/ベルギー)+17秒
8 ニルス・ポリッツ (チームカチューシャ・アルペシン/ドイツ)+31秒
9 ペーテル・コーニング(アクアブルースポート/オランダ)+36秒
10 オリビエ・パルディーニ(WB・ベランクラシック・アクアリティプロテクト/ベルギー)+39秒
101 小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)+2分57秒

[第41回ドパンヌ・コクセイドの3日間レース(ヨーロッパツアー2.HC) 個人総合最終成績]
1 フィリップ・ジルベール(クイックステップフロアーズ/ベルギー)12時間08分57秒
2 マティアス・ブランドレ(トレック・セガフレード/オーストリア)+38秒
3 アレクサンダー・クリストフ(チームカチューシャ・アルペシン/ノルウエー)+43秒
4 シルバン・シャバネル(ディレクトエネルジー/フランス)+58秒
5 ピエールリュック・ペリション(フォルチュネオ・ビタルコンセプト/フランス)+1分39秒
6 マクシム・バントム(ワンティグループゴベール/ベルギー)+1分50秒
7 エドワルド・トゥーンス(トレック・セガフレード/ベルギー)+1分54秒
8 ピム・リフトハルト(ロームポット・ネーデルラントゥセロテレイ/オランダ)+2分10秒
9 ボーイ・ファンポッペル(オランダ)+2分24秒
10 ヤスペル・デブイスト(ロット・スーダル/ベルギー)+2分46秒
105 小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ/イタリア)+19分18秒

最終更新:3/31(金) 7:02
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円