ここから本文です

長谷部不在のフランクフルト、リーグ7戦勝利なし。再三のチャンスも生かせず

4/2(日) 3:20配信

フットボールチャンネル

【フランクフルト 0-0 ボルシアMG ブンデスリーガ第26節】

 現地時間1日にブンデスリーガ第26節の試合が行われ、フランクフルトはボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)と対戦。フランクフルトは再三のチャンスを生かすことが出来ず、ボルシアMGと0-0の引き分けに終わっている。

海外組、出場率トップ5! 欧州5大リーグで最も試合に出場している日本人選手は?

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠はバイエルン・ミュンヘン戦で右膝を負傷し長期離脱。この日もフランクフルトは長谷部不在で戦うことになった。試合開始して58分、マルコ・ファビアンからのパスを受けたブラニミール・フルゴタが決定的なチャンスを迎えるが、シュートはGKヤン・ゾマーに阻まれてしまう。

 さらに78分、コーナーキックからハリス・セフェロヴィッチがヘディングシュートを放ちボルシアMGのオスカル・ヴェントがハンドしたことでPKを獲得。しかし、このPKでもフルゴタはゴールを決めることが出来なかった。85分にはボルシアMGのトビアス・シュトローブルが2枚目のイエローカードで退場。それでも結局、フランクフルトは再三のチャンスを生かすことが出来ず0-0の引き分けに終わっている。

【得点者】
なし

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)