ここから本文です

香川が示した確かな戦術眼。ダービー引き分けに落胆も…シャルケ守備陣を破壊した必殺パス

4/2(日) 13:30配信

フットボールチャンネル

 現地時間1日、ボルシア・ドルトムントはシャルケと対戦して1-1で引き分けた。香川真司は先制ゴールをアシストしたものの、結果に悔しさをにじませる。だが、伝統の“レヴィア・ダービー”で見せた確かな戦術眼とパス能力は今後の戦いに向けて明るい材料となった。(取材・文:本田千尋【ゲルゼンキルヘン】)

【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり凄かった!!

「勝てた試合。すごく悔しい」

 悔しさが、滲んだ。

 2017年4月1日に行われたブンデスリーガ第26節、ゲルゼンキルヒェンでの対シャルケ戦を終えた後のことだ。87分間に渡って奮戦したボルシア・ドルトムントの香川真司。満足はなかった。

「勝てた試合なのかなと思っていますし、そういう気持ちがチームにもあるのかなと。すごく悔しいです」

 通算171度目のレヴィア・ダービー。香川は右のインサイドハーフで先発出場する。ドルトムントの基本布陣は[4-1-2-3]。攻撃時には左SBのマルセル・シュメルツァーが高い位置を取り、後方は3バックを形成する。

 ユリアン・ヴァイグルとゴンサロ・カストロがダブルボランチを組んで、その前にはウスマヌ・デンベレと香川の2シャドー。右ウイングのフェリックス・パスラックは高い位置を保ったまま。そしてピエール=エメリク・オーバメヤンの1トップだ。守備時にはシュメルツァーとパスラックが下がって5バック気味になる。

「今日は3トップなので。3バックと5バック気味ということで、ダブルボランチで、決して前から行くサッカーではなかった」

 そう香川が説明するように、ドルトムントがダービーでシャルケに挑んだサッカーは、どちらかと言えばポゼッション型。前からプレスを仕掛け、高い位置でボールを奪って速攻を狙う、カウンター型ではなかった。

 決して勢いに身を委ねない慎重な姿勢は、アウェイだったこともあるが、何より代表ウィーク明けの初戦だったことによる。各国代表にされなかった者とされた者。代表チームに参加した選手たちの間でも、移動距離とコンディションにバラツキが出てくる。

「チームとしてやっぱり、代表の後はちょっと連動性に欠けるというか、あまりアグレッシブに行きすぎずに様子を伺う感じはありましたけどね」

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)