ここから本文です

香川とゴール祝福のオーバヤンが着用「謎のマスク」の正体とは 賛否両論も「これが僕の生きる道」

4/2(日) 15:30配信

Football ZONE web

香川のアシストからオーバがゴール、マスクパフォーマンスを披露

 ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは1日のシャルケ戦で先制ゴールを決めるとお馴染みの“マスクパフォーマンス”を披露した。イエローカードを受けたこともありこの行動には賛否両論あるようだが、本人は「これが僕の生きる道」と主張。トーマス・トゥヘル監督も「傲慢だとは思わない」とエースの行動に理解を示した。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 オーバメヤンのゴールが生まれたのは0-0で迎えた後半8分だった。ドリブルで中央突破したMFウスマン・デンベレのスルーパスを受けたMF香川真司はGKと1対1の場面で横パスを選択。これを受けたフリーのオーバメヤンが無人のゴールへ楽々蹴り込んだ。

 韋駄天ストライカーはマスクを取り出してかぶり、アシストを受けた香川らチームメートともに大一番での重要なゴールを祝福した。これまではスパイダーマン、バットマンなど人気キャラクターのものを着用してきたが、今回は完全特注の新作だった。

 謎のマスクは黒地がベースで、左右対称に赤い稲妻のようなライン、鋭くつり上がった目のようものも確認できるが、その正体はベールに包まれていた。

インスタグラムに香川と肩を組む写真

 どうやらこれはオーバメヤンが個人契約を結ぶナイキ社が関係しているようだ。オーバメヤンは1カ月ほど前に自身のインスタグラム上に「マスクをかぶったフィニッシャー(THE MASKED FINISHER)」として登場するナイキのプロモーションムービーを公開しており、今回のマスクはそこで登場するデザインと一致する。スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」でも「ピエール=エメリク・オーバメヤンは彼のコレクションに新たなスーパーヒーローを加えた」と特集されるなど注目を集めている。

 オーバメヤンはこうしたド派手なパフォーマンスを好むがチームに迷惑をかけている側面もある。実際、シャルケ戦ではゴールパフォーマンスの後にイエローカードを頂戴している。

 また、以前には髪を短く刈り上げた側頭部に赤いナイキ社のロゴを染め抜いたことがあったが、ドルトムントはユニホームスポンサーとしてプーマ社と契約していることもあり、ミヒャエル・ツォルク強化部長から苦言を呈されていた。

 オーバメヤンは試合後に改めてインスタグラムを更新。批判の声もあるが、マスク姿で香川と肩を組む写真には「僕は傲慢か? でもこれが僕の生きる道だ!! 僕は子どものようにフットボールを楽しむ(結果は悲しいものだったけど)、これが僕の世界だ」とコメントが添えられ、自らのスタイルを貫くと主張している。

指揮官は擁護「警告を受けても…」

 そして、クラブ公式サイトで報じられているトゥヘル監督の試合後コメントでもオーバのパフォーマンスについて触れられている。

「私は彼のセレブレーションが傲慢だとは思っていない。少し配慮を欠いて警告を受けるようなことがあってもね。ダービーでは、特別なセレブレーションもその一部だ。シャルケに対するものでもなく、オーバがファンと一緒に楽しむためだけにやったことだ」

 オーバの“プロモーション活動”にはツォルク強化部長が不快感を示していたが、指揮官はストライカーを擁護していた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/2(日) 15:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新