ここから本文です

極楽加藤「山本が骨を2、3本折るくらい頑張る」

4/3(月) 20:41配信

ザテレビジョン

4月3日に「AbemaTV開局1周年お祝い会」が都内で行われ、極楽とんぼ、スピードワゴン、矢口真里、柴田阿弥が登壇。それぞれが出演する番組の内容を簡潔に紹介した。

【写真を見る】極楽とんぼは復活後、初のテレビレギュラー番組となる

スピードワゴン・井戸田潤は「深夜ならではの特殊な番組なんですよ(笑)。毎回いろんな企画をやっています」と、下ネタ満載の過激な番組内容を明かした。

矢口が「アイドル界の“アネゴ”になりたい、と思いながらやっています。特殊なアイドルがたくさん出演してくれて…」と語りだすと、井戸田から「あなたも相当特殊なアイドルですよ(笑)」と言われ、矢口は苦笑い。

また、大反響を呼んだ24時間の生放送がレギュラー化される形となった「極楽とんぼKAKERU TV」。4月27日(木)からスタートすることが発表されると、加藤浩次は「山本(圭壱)さんは肋骨(ろっこつ)2、3本折っても誰からも苦情来ないから(笑)。それをフルに活用にして頑張っていきたい」とコメント。

すると「加藤さんの仰る通りです。何をするか不安ですけど、大丈夫です(笑)。司会進行のスペシャリストの彼が言うことですから。一番のイエスマンですよ。一番分かってるんだよな、俺のこと!」と山本が顔を見合わせ、笑いを誘った。

放送された24時間の番組で加藤が号泣した話になると、山本は「泣き虫になったなー!」と加藤の肩をたたいた。「いやおまえが泣けよ! おまえのせいだからな!(笑)」と加藤がツッコミ、息の合ったやりとりを見せた。

10年ぶりのコンビ活動ついて、加藤が「意外に変わっていなくて、でも昔より(山本が)僕の言うことを聞いてくれるようになりました(笑)。昔はケンカばっかりしてたから」と明かすと、「何かあったんでしょうね(笑)」と含み、出演者も爆笑していた。

最終更新:4/3(月) 20:41
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)