ここから本文です

吉岡里帆、艶やかな袴姿でコナンへの愛をアピール!

4/3(月) 22:23配信

ザテレビジョン

4月15日(土)から全国公開される映画「名探偵コナン から紅の恋歌」の完成披露舞台あいさつが都内で行われ、ゲスト声優の宮川大輔、吉岡里帆、主題歌を担当する倉木麻衣、高山みなみほかメイン声優陣が登壇した。

【写真を見る】登壇者全員で番傘を持って登場

吉岡は「お話をいただいた時は、現実世界にこんな夢が起こるんだなというくらいの非現実的な出来事でした。この作品を愛してます!」と興奮気味に語った。

自身の息子が作品の大ファンだという宮川は「オファーいただいたときは本当にうれしかったです。(アフレコは)もうちょっと簡単かと思ってたけどすごく難しくて。それから、自分の声が恥ずかしかったです。『こんなに鼻詰まってんの!?』って(笑)。

鼻かんでからやればよかった~と思いました(笑)。緊張しましたけど楽しんでやりました」と独特の感想で会場を沸かせた。

そんな宮川のアフレコについて、コナン役の高山は「(宮川の)緊張感がそのままキャラクターの緊張感として伝わってくるんです。それが素晴らしかったですね」と絶賛。宮川は恐縮していた。

また、声優初挑戦となった吉岡は、「林原めぐみさんに直々にアドバイスをもらったんです。技術のないあなたは、とにかく気持ち、感情を込めるのが大事だと教えていただきました。

やらせていただいて、皆さんの技術って本当にすごいんだなって感動して…うまく伝えられないんですけど、見てもらうしかないですね(笑)」とコメントし、高山も「作品への愛がにじみ出てました」とにっこり。和やかな雰囲気で舞台あいさつは終了した。

最終更新:4/3(月) 22:23
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)