ここから本文です

翌朝、顔スッキリ! 顔のむくみを取る超かんたん!足裏マッサージ

4/3(月) 15:20配信

エイ出版社

寝る前に簡単にできる足裏マッサージをご紹介

朝、メイクをしながら「今日はなんか丸い……」なんてことを感じたら、それは顔のむくみが原因かもしれません。むくみは、血液中の水分が血管から外に滲み出し、増加した状態のこと。本来、リンパ節から流れるはずの老廃物や水分が筋肉のコリによって顔に滞留してしまうことが原因と考えられています。また、アルコール・塩分・糖分の摂り過ぎや、長時間同じ姿勢を続けることも要因のひとつ。これらによって体内の水分調整が狂い、顔にむくみが出てしまいます。

そこで、むくみを解消するために、寝る前に簡単にできる足裏マッサージをご紹介しましょう。

反射区とツボの違いは?

今回ご紹介するマッサージは「反射区」と呼ばれる箇所を押します。ツボはよく耳にすると思いますが、反射区は初めての人もいるのでは? ツボは東洋医学、反射区は19世紀に米国の医師によって発案されたといわれています。簡単に説明すると、ツボは点を、反射区はゾーンを刺激するという考え方です。反射区は、内臓や各器官につながる末梢神経が集まる場所で、そこを刺激することでそれぞれの内臓や各器官が活性化します。

老廃物の排出をスムーズに。さらにリンパの流れも促進

むくみを解消するためには、まず排出をスムーズにする腎臓、そして排出をサポートする尿管・膀胱・尿道、そしてリンパの流れを促すために胸部リンパの反射区を刺激しましょう。

◇ここに効く! 「腎臓・尿管」(写真上)
足裏の中心部分が腎臓の反射区です。手で足をつかみ、親指でじっくりと押します。そのまま尿管の反射区である土踏まずに向かってスライドさせてください。

◇ここに効く!「膀胱・尿道」(写真中央)
次に尿管の先にある膀胱の反射区を親指で押しながら、カカト方向にへ伸びる尿道の反射区に沿ってスライドさせていきます。

◇ここに効く!「胸部リンパ」(写真下)
足の甲の、親指と人差し指の間の延長線上が胸部リンパの反射区。親指の先で押してスライドさせながらマッサージしてください。

反射区への刺激は、ツボ押しのイタ気持ちいいではなく、親指の腹で軽く押してあげるのがポイント。やさしくさするくらいでもOKです。目安はそれぞれ1分ほど。お休み前のセルフケアで、スッキリ小顔を目指しましょう。

監修:石井隆行(株式会社アスリートネット湘南代表取締役。按摩マッサージ指圧師、鍼灸師、保健体育教諭免許保有者、加圧トレーニング准統括指導者)

最終更新:4/3(月) 15:20
エイ出版社