ここから本文です

日経平均反発1万8983円23銭、日銀短観「景気判断」改善で

4/3(月) 15:02配信

オトナンサー

 週明け4月3日の東京株式市場で日経平均株価は反発、前週末比73円97銭高の1万8983円23銭で取引を終えました。

【3分でわかる動画】米利上げ決定、今後の見通しは?

 マネースクウェア・ジャパンの西田明弘チーフエコノミストによると、日銀が発表した3月短観で、大企業・製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)がプラス12と、前回調査(プラス10)に続いて改善したことが支援材料になりました。

 なお、2017年度のドル/円の想定為替レートは1ドル=108円43銭で現行レートより3円程度ドル安・円高となる見通しです。

 東証1部33業種中、その他製品、食料品など24業種が上昇、一方、石油・石炭製品、非鉄金属など9業種は下落しました。個別銘柄では、清水建設、コムシスホールディングス(HD)が買われ、東芝、東邦亜鉛は売られました。

 TOPIX(東証株価指数)は前週末比4.43ポイント高の1517.03。東京外国為替市場でドル/円は午後3時現在、1ドル=111円30銭台で推移しています。

米中首脳会談や米雇用統計などに注目

 西田さんによると、3月短観では、世界経済の回復傾向を反映し、企業マインドが改善していることが示されました。ただ、先行きについては、大企業・製造業のDIがプラス11と今回から低下。背景にトランプ米政権の経済運営に対する期待後退があります。

 今週は、きょう3日に発表される、3月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数のほか、米中首脳会談や米雇用統計などが注目されます。「日経平均は引き続き、ドルや米国株の動きに影響されそうです」(西田さん)。

オトナンサー編集部

最終更新:4/3(月) 15:26
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。