ここから本文です

【脱貧困!】どんどん増えて困っちゃう。働くアラサーのクレジットカードは何枚必要?

4/3(月) 17:00配信

Suits-woman.jp

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、不動産会社勤務の横川美佐子さん(仮名・28歳)からの質問です。

「買い物したお店で誘われるままにクレジットカードを作っていたら、5枚以上になってしまいました。精査したいのですが、何を軸にして何枚残せばいいでしょうか」

インターネットから銀行口座を開設するにも、「クレジットカードを作る」の項目にチェックをつけないと先に進めなかったり、家電量販店で新生活用の大型家電を買ったら「今日のお買い物も実質1万円安くなります」とおいしい言葉で勧誘されたり。1年の中で、もっともクレジットカードが増えてしまうシチュエーションが増える春。どうしたらいいんでしょう。森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

ポイントカードだけもらうつもりが…

クレジットカードの発行会社は、それぞれ入会者を増やすために様々なプロモーションを行なっています。そのため、入会時の特典は魅力的なものが多いのです。
また、店頭でも、利用客のクレジットカードの申し込みをマニュアル化しているところも少なくありません。

クレジットカードの勧誘は、たいてい「ポイントカードはお持ちですか?」から始まります。
持っていない、というと、「では、お作りしますね」。
さらに、「クレジットカード機能付きのものにお申込みいただくと、今すぐ5000ポイントお付けできます。今日のお買い物が実質無料になるんですよ~」。

買ったものがカードを作るだけでタダになる。これはお得と思ってしまいますよね。そして、気が付いたときには、申込書に記入してしまっている。クレジットカードではなく、ポイントカードの申し込みだと思っていた、という話もよく聞きます。

「複数のカードをなんとなく使う」のがいちばんダメ

作ったまではいいけれど、ほかのポイントカード類に紛れて、財布を膨らませるだけ、なんてこともあります。複数のクレジットカードを持ち、なんとなく使っていると、自分が何にどれだけ使い、いつ、いくら引き落とされるのか、わからなくなってきます。これでは、自分のお金の管理ができません。

クレジットカードは、メイン1枚とサブ1枚があれば十分です!カードの枚数が増えれば増えるだけ、余計なリスクを高めることになります。

ポイントを最も効率よく貯めることを考えても、一か所に集中して貯めるのがいちばんです。また、複数のカードを持っていると、ポイントを逃さないことに執着し、いろんなところに少しずつ貯めてしまうという結果に。あっちこっちにポイントが散らばってしまい、わからないし使わない、使えないという状況に陥っている人も少なくありません。

ポイントを貯めるのは、お得に買い物をしたいからですよね。せっかく貯めたものをきちんと把握せずに使いもしないのは本末転倒です。

1/2ページ

最終更新:4/3(月) 20:41
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。