ここから本文です

ヴィクトリア・ベッカムがトーク番組でノリノリのカラオケを披露!

4/3(月) 18:52配信

ハーパーズ バザー・オンライン

アメリカの人気番組『ザ・レイト・レイト・ショー with ジェームズ・コーデン』の名物企画「カープールカラオケ」にヴィクトリア・ベッカムが登場! しかも今回は、80年代のコメディ映画『マネキン』のパロディをオープニングで熱演するというスペシャルバージョン。

【写真30枚】ヴィクトリア・ベッカムのベストスナップ集

「カープールカラオケ」といえば、司会のジェームズ・コーデンが運転する車にゲストが乗り込み、カラオケを熱唱するという人気コーナー。大スターとの楽しいかけ合いや生歌が見どころということあり、アイドル時代の口パクを認めたヴィクトリアが歌うのか、普段笑わない彼女がどんな会話をするのかにも、大きな注目が集まった。

オープニングは「彼はトーク番組の司会で、彼女はマネキン。彼女と出会ったその日を境に、彼の冴えない人生が一変する」というナレーションで始まり、映画を忠実に再現。ストーリーの大筋も映画と同じで、「人間の姿になれるのはあなたの前だけみたい」とジェームズに話すヴィクトリアは、他の人が入ってくるとたちまち「ヴィクトリア・ベッカム」の最新コレクションをまとったマネキンの姿に。

その後もダンスやジョークを楽しむ2人だったけれど、ついにヴィクトリアが「仲間のところに戻りたいの。一人ぼっちで寂しいわ」とジェームズに別れを告げる。するとジェームズは、すかさずヴィクトリアをドライブに誘い、おなじみの「カープールカラオケ」へとストーリーが急展開。車内では、スパイスガールズのヒット曲「スパイス・アップ・ユア・ライフ」で恒例のデュエットをノリノリで楽しむヴィクトリア。でもひととおり盛り上がった後は、また元のマネキンの姿に戻るというユニークな展開。ジェームズは最後にヴィクトリアをショーウィンドウに戻し、「ヴィクトリア・ベッカムとジェームズ・コーデンが頼まれてもいないのに再演したラブストーリー 」という落ちで完結。

トークショーの合間、ヴィクトリアは先日発表されて話題になっている「Fashion Stole My Smile」と書かれたスローガンTシャツについて、「ええ、私がデザインしたTシャツよ。自分のことをジョークにしたつもり。よく『なんで笑わないの?』と聞かれるし、みんな私が惨めな思いを抱えていると思っているから、たまには自分のことをジョークにして笑って楽しもうと思って」と語った。さらには「氷の女王のような冷たい女だと思われているから、誰も近づいてくれないのよ」と笑いながら続けた。ヴィクトリアが自虐ネタで笑わせるなんて、実は笑いのセンスもかなり高いとみた!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。