ここから本文です

PSG、国内では驚異的な勝負強さ。タイトル懸かる決勝戦は“10連勝“に

4/3(月) 8:40配信

フットボールチャンネル

 現地時間1日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグカップ)決勝のモナコ戦に勝利を収めたことで、パリ・サンジェルマン(PSG)はタイトルの懸かる決勝戦に“10連勝“を収めたことになった。

PSGは現在2位 1位は…フランス・リーグアン【最新順位表】

 リーグカップで3連覇中だったPSGは、FWエディンソン・カバーニの2得点などでモナコに4-1で勝利。同大会4連覇を飾るととともに、3年連続の国内3冠達成に向けてまず1冠を確保した。

 PSGは過去4シーズンで、タイトルの懸かる試合を計10回戦い、その全てに勝利している。トロフェ・デ・シャンピオン(スーパーカップ)とリーグカップ決勝の4年連続勝利に加えて、クープ・ドゥ・フランス(フランスカップ)でも決勝に進んだ過去2シーズンはいずれも勝利を収めた。

 決勝戦で最後にタイトル獲得を逃したのは、リールと対戦した2010/11シーズンのフランスカップ決勝。2011年夏にカタール投資庁がクラブオーナーとなってからは、一度も敗れていないことになる。

 チャンピオンズリーグでは、今季のベスト16でバルセロナに歴史的な大逆転を許すなど、欧州でのタイトルには手が届いていない。それでもPSGは、国内では驚異的な勝負強さを見せ続けている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)