ここから本文です

【C大阪】なぜそこに⁉ 山村和也がトップ下で起用されるワケ

4/3(月) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

横浜戦ではひとり二役を担う。

[J1リーグ5節]C大阪 2-0 横浜/4月1日/金鳥スタ
 
 キンチョウスタジアムで行なわれた横浜とのゲームに2-0で勝ち、リーグ2連勝を飾ったC大阪だが、この一戦である選手に注目してみた。それはここ3試合、新たなポジションに挑戦している山村和也である。
 
 山村といえば、クレバーなプレーぶりが売りで、鹿島やロンドン五輪代表などではボランチやCBとして活躍してきた。
 
 それだけに山村が現在、担っているポジションには違和感がある。それは、守備的なポジションではなく、本来は攻撃の中心としてのプレーが求められるトップ下なのだ。当の山村は今の役割についてこう語る。
 
「(監督からは)前線でのタメと守備のところは言われています。それとセンタリングはいつも狙っています。上手くクロスに入れるように常に準備しています」
 
 今季、C大阪の指揮官に就任したユン・ジョンファン監督は、就任後すぐに守備の強化に取り掛かり、それは試合運びにも如実に表われている。3年ぶりにJ1の舞台に戻ってきたチームは、自陣に守備ブロックを敷く、手堅いサッカーを披露しているのだ。
 
 だからこそ、1トップやトップ下の選手にはファーストディフェンダーとしての高い守備意識、クリアボールをキープできるフィジカルの強さが求められる。さらに指揮官が「サイドを起点にした攻撃」を目指すなか、シンプルなクロスに競り勝てる高さも必要となる。
 
 こう考えると、186センチの長身に加え、足もとの巧みさがあり、前線からの守備にもひと役買える山村は、指揮官好みのプレーヤーに映る。さらに「勝っている時はあの形を取ります」(山村)と、横浜戦ではリードを得ると、山村を最終ラインに下げ、5バックを敷く守備的なシステムも披露した。ひとり二役を演じた山村は勝利に大きく貢献したのだ。
 
 ただ、前節の鳥栖戦では決勝弾を挙げた山村だが、横浜戦では本人が「決定機で決め切れずに、チャンスを逃してしまった。動き方は分かるようになってきたので、今後は質を求めたいです」と語ったように、フィニッシュ精度の低さは課題となった。
 
 例えば、37分のシーンでは右サイドを突破した関口訓充から、絶好球を送られたが、右足で放ったシュートは力なく枠外に外れた。また42分には山口蛍からスルーパスを受けるも、スライディングで狙ったシュートはGKの正面を突いた。
 
 前線でのプレーに慣れていないため、決定力を期待するのは酷だが、今後もトップ下を務めるのであれば強化しなくてはいけないポイントだろう。
 
「周りもサポートしてくれて、やりやすい環境を作ってくれている。だから、僕もその期待に応えられるようにやっていきたい」
 
 柿谷曜一朗、清武弘嗣、山口蛍と、周囲には年齢が近い選手が多いなか、彼らと協力して新境地を拓けるか。今後の挑戦にも注目したい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:4/3(月) 6:00
SOCCER DIGEST Web