ここから本文です

即レスは間違い? LINEで恋をつぶさない絶対鉄則

4/4(火) 20:00配信

BEST TIMES

数々の男女の出会いから結婚までを見てきた恋愛アナリストが、女性側の視点から「モテる男になるための考え方と行動」を理論的かつ具体的にレクチャーします。30代・40代男性必見! 

 こんにちは。恋愛アナリストのヨダエリです。4月です。出会いの季節です。間違なく一年で最も出会いフル(造語・笑)な月です! 

 そんなとき、注意したいのがLINEの使い方。というのも、せっかくIDを交換しても、LINEのやりとりで失敗してしまい関係が終わってしまう例、ものすごく多いのです。

 では一体どんな点に注意してLINEを使えばいいのでしょう?  まずはここだけは守ってほしい基本の基本、でも意外に盲点となっているポイントを解説します! 

*

 ネットを検索すると、LINEの脈あり脈なし判断や、好かれるLINE、嫌われるLINEなど、恋愛におけるLINEの使い方を指南する記事がたくさんみつかりますよね。

 個人的に、うんうん確かに、と頷くものもあれば、いやそこは気にしなくてもいいのでは……と思う内容もあります。

 結論から言うと、LINEの正しい使い方はケースバイケースです。なぜなら、人によって「好ましいLINEのやりとり」が違うから。

 それを言ったら話が終わるだろ!! と思うかもしれませんが、そんな身もふたもない結論から導き出せる重要ポイントがあるのです。

 それは、LINEは「相手に合わせる」が鉄則だということ! 

 自分の勝手な憶測やルールに沿ってやりとりするのではなく、相手の女性に合わせてやりとりするのが一番すれ違いを引き起こしにくいのです。

 具体的には、

・返信のペース

・文字量

・言葉遣い

 などを相手に合わせる。

 たとえば、相手が送ってきたのが10行くらいの文章なら、自分も10行前後にする。返信が2時間後に来たなら、自分もそれくらい後に返信する。

 こうしておけば、相手があなたのLINEに「長いよ!」とか「短いな…」と違和感を覚えることも、「早いよ!」とか「遅いな……」といったマイナスの印象を抱くことも起こりにくくなります。女性は相手を減点法で見る傾向があるので、マイナス点は作らない方がいいのです。特に相手があなたをまだ好きなわけではなく見極め中であるなら、なおのこと。

■時には即レスも我慢すべし

 「えーーー、でも返事が来たら即レスしたくなるんだけど」と思う人もいるでしょう。
 が、そこは抑えて!  LINEでチャット状態になるのが好きな女性もいれば苦手な女性もいます。もし相手の女性がチャット状態を好むのであれば、あなたからLINEが来たら即レスしているはず。そうしないということは、チャット状態は好まないか、あなたとそういうやりとりを(少なくとも現時点では)したいわけではないか、チャットができる生活サイクルではないか、のどれかである可能性が高いです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。