ここから本文です

村井さんちの田舎ごはん「バナナのパンケーキ」

4/4(火) 8:10配信

コスモポリタン

わが家に常に置いてある食材のひとつがバナナだ。バナナさえあれば、突然家族の誰かが「お腹が空いた!」と騒ぎ出しても、困ることはない。とりあえず、さっと手渡せば30分ほどの時間稼ぎができる。値段もそう高くないし、どこにでも売っているし、本当に便利だと思う。ちなみにわが家の犬も大好きだ(毎日食べてます)。

【「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」で話題!村井理子のレシピ集】

私自身もバナナは好きで、昔は輪切りにして凍らせて、ガリガリ食べたりもしていたけれど、最近はそんな元気も、大胆さもない。大人しくジュースにしたり、トーストに乗せたりして食べている。それから今週紹介するパンケーキも大好物で、何か甘いものが食べたいなあと思ったら、このパンケーキが瞬時に頭に浮かぶ程度に好きだ。冷蔵庫に常にある食材しか使わないから、思いついた時に作ることができるのがいい。所要時間5分なのも最高。

バナナのパンケーキ

ふわふわのパンケーキというよりは、しっとりとした卵焼きのような、薄めのパンケーキだ。主な材料は、バナナと小麦粉と卵と牛乳だけ。フォークで潰したバナナに、その他の材料を入れ、ざっくりと混ぜ合わせて、バターを溶かしたフライパンで両面きれいに焼けば、それでできあがり。

生地に砂糖を入れない分、たっぷりのメイプルシロップをかけるのが私のお気に入りだ。バナナが1本入っているので、朝食としては十分なボリュームになっている。バターとメイプルシロップを贅沢に使うけれど、その分、生地はとってもシンプル。なんとなく懐かしい味だなあといつも思う。昔、おばあちゃんの家で食べたかもしれない……なんて考えながら食べる、このパンケーキと一杯のコーヒーは、私にとっては最高の朝の贅沢だ。

材料 (2枚分)

バナナ 1本
卵 1個
小麦粉 大さじ3~4
牛乳 適宜
塩 少々
メイプルシロップ 適宜
バター 適宜

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。