ここから本文です

イタリアの名将が「守り方を知らない」とバルサ酷評 メッシも「下降線に入った選手だ」

4/4(火) 8:10配信

Football ZONE web

カペッロ氏がCL準々決勝のユベントス対バルサ戦を予想

 かつてACミランやレアル・マドリードを率いた名将ファビオ・カペッロ氏が、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」で翌週に迫ったイタリア王者ユベントスとバルセロナのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝の予想を語っている。カペッロ氏は「バルサは守り方を知らない」として、守備組織を酷評した。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 バルセロナは決勝トーナメント1回戦で、パリ・サンジェルマンを相手に初戦で0-4と敗れた絶望的な状況から、第2戦に6-1で勝利するというサッカー史に残る奇跡的な逆転劇を演じて準々決勝に進出。そこでユベントスと対戦することになった。

 カペッロ氏は「勝ち上がる可能性は、50-50だ」とした上で、展開をこう予想した。

「バルセロナは守り方を知らないチームだ。ユベントスはチャンスを作るし、何点かは取るだろう。重要なことは、彼ら(バルサ)は決してあきらめないということだ。95分になってもね。彼らは、3分か4分あればすべてをひっくり返す」

 カペッロ氏がレアルを率いていたスペイン時代には、優勝しながら「サッカーが守備的すぎる」という理由により1年で解任された。それも、二度(1996-97、2006-07)にわたって同じことが起こった。そうした哲学の持ち主だけに、2戦合計6-5で勝ち抜きを決めたバルセロナの戦いは「守備を知らないだけ」との評価になるようだ。

メッシを偉人になぞらえて称賛するも…

 また、バルセロナのエースであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを「サッカー界の(ルチアーノ・)パヴァロッティだ」と、「神に祝福された声」とされ2007年にこの世を去った三大テノールの一人である偉人になぞらえた。しかし、誉め言葉だけでは済ませられないカペッロ節は、ここでも炸裂した。

「様々な人間が言っているように、彼は下降線に入った選手だ。まあ以前のメッシではないからといって、その技術も質も非常に高いがね。できれば、ユーベとの試合ではあまり彼が目立たないようになると良い」

 カペッロ氏は、自身の古巣でもあるユベントスの勝利を期待しているようだ。準々決勝の4カードのなかでは、レアル・マドリード対バイエルン・ミュンヘンに並ぶ好カードとされる。伝統の堅守をベースに攻撃力を上げてきたユベントスと、伝統の爆発的な攻撃力と不安定な守備を持つバルセロナ。果たして、どちらに軍配が上がるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/4(火) 8:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新