ここから本文です

【恋愛塾】2人なら大丈夫。喧嘩をしても仲直りできる行動

4/4(火) 17:00配信

Suits-woman.jp

彼は男性、ワタシは女性。

違う星のもとに生まれたんだと言い聞かせても嫌なものは嫌だし、許せないことは徹底的に許せないものです。付き合って最初の頃は、喧嘩なんてする必要もないくらいラブラブ状態。しかし、半年が経つ頃には、小さな喧嘩が増えてきます。喧嘩をしても、お互いに感情的になりすぎなければ、どうにか乗り越えられるでしょう。

そこで今回は、喧嘩をしても仲直りしやすい行動をご紹介いたします。

仲直りの「合図」を決める

カップルが「夫婦」となっても喧嘩は絶えません。

むしろ正式に夫婦と認められお互いを家族と思える環境に入れば、余計に遠慮がなくなって、衝突したときも面倒くさくなるでしょう。これから先も喧嘩を完全に回避することは絶対にできません。だからこそ今のうちに仲直りの合図を決めておきましょう。

たとえば、2人が出会ったときによく聞いていた音楽を流したら、ちゃんと仲直りをすると決めておくだけでも、会話をするきっかけになります。ずっとお互いが黙ったまま、同じ環境にいるのは、つらいですよね……。

あえてデートのプランを立てる

喧嘩をしているときに、あえてデートのプランを立ててみてはいかが?

彼の機嫌を伺いながら、少し上向きになったタイミングで「次のお休みの予定、一緒に考えない?」と提案してみるのです。

ただし、プランを立てている間に、また言い争いになったら提案した意味がほとんどなくなってしまいます。きっとお互いに仕事などでストレスを抱えているからこそ、イライラモードになっているはずですから、一緒に楽しい予定を考えるだけでも、仲直りしやすい雰囲気になっていくでしょう。

彼氏よりも先に謝る

彼とのルールというより、自分の中のルールとして、喧嘩をしたら、自分が悪くなくても先に謝っておくと決めておくのも、かえってストレスにならなくて済むかもしれません。

そもそも、たとえ彼に原因があったとしても喧嘩をした以上は「お互い様」。彼はおそらく、男性としてのプライドもあるため、そう簡単には自分から謝ってこないでしょう。だからこそ、最初から歩み寄っておけば、彼もすぐに飛びついてくるはずです。最初はムカムカ・イライラするかもしれませんが潔く「ごめんね」と言えるようになると、自分のことながら成長を感じるでしょう。

1/2ページ

最終更新:4/4(火) 17:00
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。