ここから本文です

ドルトムントで復権の香川、ダービーから中2日のHSV戦で公式戦5試合連続スタメンへ

4/4(火) 9:01配信

Football ZONE web

クラブ公式サイトが予想スタメン発表

 ドルトムントは4日、前節シャルケ戦から中2日でブンデスリーガ第27節の本拠地ハンブルガーSV(HSV)戦に臨む。右肩上がりに調子を上げている日本代表MF香川真司は公式戦5試合連続のスタメン出場が予想されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ドルトムントは公式サイトで、この試合の予想スターティングイレブンを公開している。負傷者と出場停止の影響でアウェーに乗り込んだ1日のレヴィア・ダービー(1-1)から3人が入れ替わると見られている。

 GKは不動の守護神ビュルキ、DFラインは累積警告で出場停止のソクラティスが不在となり、右からピスチェク、ギンター、バルトラの3人。ダブルボランチにヴァイグルとカストロ、その前にプリシッチ、デンベレ、香川、ゲレイロが並び、1トップはオーバメヤンとなる。

 対するHSVでは、前節途中出場だったキャプテンの酒井高徳が守備的MFの一角で出場すると予想されている。ポジション的に香川とマッチアップする回数が多くなりそうだ。

 シャルケ戦で負傷交代した主将のシュメルツァーは背中に痛みを抱えており、出場できるかはまだ分からず、ヴァイグルも太もも負傷の回復次第で欠場の可能性があるという。この試合ではピッチに戻れないが、別メニューで練習に合流したロイスは復帰が近づいているという。

ドルトムントはリーグ戦本拠地33試合無敗

 相性の良いダービーマッチで今季3アシスト目を記録した香川は、公式戦5試合連続のスタメン出場の可能性が高まっている。20節ダルムシュタット戦(1-2)から23節レバークーゼン戦(6-2)までは15分から30分程度の出場にとどまっていたが、リーグ戦では7試合連続で出番を手にしており、急激に調子を上げている。直近3試合ではいずれも先発出場で、2試合でアシストを記録していた。

 ドルトムントは本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで、リーグ戦33試合無敗というクラブ記録を更新し続けている。黄色と黒の背番号23は、チームにさらなる白星をもたらすことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/4(火) 9:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新