ここから本文です

使い道のないマグネット広告をクリエイティブに活用する方法

4/4(火) 20:18配信

KAI-YOU.net

しばしば自宅のポストに投函されているマグネット型広告。使い道はないけれど、「なんとなく使えそう」「捨てるのはもったいない」と、増えていきがちですよね。

【マグネットシールの活用法】をもっとみる

そんなマグネット型広告を有効に使えるアイデアを、Twitterでoritech sashida(@oritech)さんが投稿。Twitterで1000RTを超えるほどの話題を呼んでいます。

まず、マグネット広告をぬるま湯につけます。すると……ずるりと剥離し、マグネット部分だけに。そしてマグネットに好きなシールを貼り付けて、余分なところを切り落とすと、オリジナルのマグネットシールが完成します。

実際につくってみた

これは便利そうですが、「実際にどれくらいの時間でできるの?」「マグネットシートってそんな簡単に切れるの?」という疑問も上がってきたので、実際につくってみることにしました。

ポットで沸かしたお湯につけてみると、5分とかからず、広告部分が自然と剥がれだしました。

引き上げてみると、確かにスルスル剥がれます。ただ、お湯の温度が低かったのか、つける時間が短かったのか、少しだけ糊が残ったままに。でも、硬めの紙などで拭いてあげれば、すぐに綺麗に。

マグネットの準備もできたところで、KAI-YOUのキャラクター・ハッコウくんのシールをぺたり!

お世辞にも器用とは言えない筆者ですが、マグネットの上でも予想以上にするするとカッターの刃は進んでいきます。曲線もなんのその。

あっという間にオリジナルのマグネットシールが完成します。

ついつい引き出しの奥に溜め込んでしまいがちなステッカーも、磁力が弱くてメモも留められない使いどころのないマグネットも、晴れて一挙に日の目を浴びそうですね。

もちろん、マグネットに加工してしまったシールは、冷蔵庫など鉄を含むものにしか貼れないので注意しましょう。

最終更新:4/4(火) 20:18
KAI-YOU.net