ここから本文です

サンチェスの第一希望は“禁断”のチェルシー移籍か アーセナルは違約金60億円要求へ

4/4(火) 10:30配信

Football ZONE web

去就に揺れるアーセナルのエース ユベントス、PSG、中国クラブも獲得に興味

 アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは、宿敵への“禁断の移籍”が近づいているようだ。英紙「テレグラフ」は、サンチェスの第一希望はチェルシーだと報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 サンチェスは2018年6月末でアーセナルとの契約満了を迎えることから、その去就に注目が集まっている。同紙はユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)というビッグクラブや中国クラブも興味を持っているとした上で、選手本人の第一希望がチェルシーであると主張した。

 チェルシー側はサンチェス獲得に向けて選手個人との問題はないと考えており、事態を楽観視しているという。その一方で、アーセナル側が同じロンドンを本拠地とする宿敵には売りたくないと反発。真っ向から対立する形となっている。

 そして、フランスメディアでもサンチェス移籍は一大トピックとなっている。地元ラジオ局「RMC」は、PSGがサンチェス獲得の交渉に入ったとレポートしているが、やはり最大の障壁となるのがチェルシーの存在としている。しかし、ここでもアーセナルが同じプレミアリーグのライバルにエースを放出するつもりはないと指摘。移籍交渉は難航するものと見られている。

アーセナルは移籍阻止に全力

 また、同メディアは金額面の条件についても触れている。アーセナルは今夏に契約が残り1年となるサンチェス移籍に最低でも移籍金5000万ユーロ(約60億円)を要求すると伝えられるなど、より具体的な数字が出始めている。

 強豪クラブによる争奪戦が繰り広げられているチリ代表ストライカーの去就問題は、一体どのような決着を見るのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/4(火) 10:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新