ここから本文です

インテル長友が3戦連続出番なしで悔しさ爆発 「逆境なんて跳ね飛ばしてやる」と復権誓う

4/4(火) 11:00配信

Football ZONE web

サンプドリア戦はベンチから戦況を見守り逆転負け 試合後にツイッターを更新

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間3日のセリエA第30節本拠地サンプドリア戦で3試合連続出番なしに終わった。1-2で敗れた試合後に悔しさを爆発させ、「逆境なんて跳ね飛ばしてやる」と復権を誓っている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 リーグ戦8試合連続で出番なしに終わった長友はベンチから戦況を見守り続けた。ポジション争いで後塵を拝しているDFダニーロ・ダンブロージオが前半35分に先制点を決めたが、チームは逆転負けを喫している。

長友は試合後にツイッターを更新した。

「試合に出場せず、チームが負けることほど悔しいことはないね。監督には満足してるし、原因は自分自身にあることだけは理解してる。俺のサッカー人生順風満帆ではなかったし、逆境なんていつか跳ね飛ばしてやるけど、この悔しい気持ちは忘れないでいたい」

 雑草魂でインテル最古参選手に成り上がった長友だが、今季はフランク・デ・ブール前監督とステファノ・ピオリ監督の信頼を手にできず、完全なベンチ要員と苦しい日々を過ごしている。ハリルジャパンでは、ロシア・ワールドカップアジア最終予選で3月23日のUAE戦と同28日のタイ戦で連続先発を果たしていたが、絶大な運動量と圧倒的なスピードでサイドを制圧した好調時のフォームを見せることはできなかった。

インテルを去る11人に名前が挙がる

 スペインサッカー専門メディア「fichajes.com」の「インテルを去る11選手」という特集で、長友は「次のプロジェクトにカウントされていない」と残酷な評価を受けている。

 大型補強を続けるチームで放出候補の筆頭に名前が挙げられるほど、古豪で苦境を迎えており、築き上げてきたその立場が今や揺らぎつつあるのも事実。昨年4月に2019年まで契約延長したばかりだが、長友はこの逆境をはねのけることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/4(火) 12:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新