ここから本文です

ブルックリン・ベッカム、初のタトゥーを手に入れるも批判殺到

4/4(火) 20:21配信

ハーパーズ バザー・オンライン

ベッカム家の長男であるブルックリンが、先週末初めてのタトゥーを入れた。しかし、彼が選んだネイティブアメリカンの酋長のデザインが、ソーシャルメディアで波紋を呼んでいる。多くのユーザーが「文化の盗用」として反応したのだ。

【写真】ヴィクトリア・ベッカムの2016年スナップを総ざらい!!

「イギリスに住んでいるのに、ネイティブアメリカンのタトゥーを入れたの?」

「配慮のない無知な白人たちは、先住民が被った暴力的な歴史について理解していない。私たちは遠い昔の創造上のキャラクターではありません。私たちはセンセーションの対象ではないし、あなたの白い腕に彫るタトゥーのために一般化されたイメージでもありません。」

「これは、ネイディブアメリカンのヘッドドレスをコーチェラ音楽フェスで被ることと同じくらい、不快に感じるわ」

「ネイティブアメリカンの画像を検索して、お気に入りの酋長を選んだの? それともこの酋長を知っているの? この特定のタトゥーを彫るに至ったのは、何がインスピレーションだったのかしら?」

ブルックリンはこれらのコメントに反応していない。

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年11月号
2017年9月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。