ここから本文です

「セリエA歴代アジア人選手」を伊メディア特集 カズ、中田、俊輔、本田ら日本は最多10人

4/4(火) 11:30配信

Football ZONE web

18歳北朝鮮人FWのデビューを受けて紹介 カズは「パイオニア」、中田は「史上最高」

 カリアリに加入した北朝鮮代表FWハン・グァンソンが、2日のパレルモ戦に途中出場してデビューを果たした。それを受けてイタリアの衛星放送局「スカイ・イタリア」は、「ハンからミウラまで。アジア人プレーヤーたちを覚えているか」と特集。これまでイタリア・セリエAでプレーした日本人選手も、全員が紹介されている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 これまでセリエAでは、1994年にジェノアへ移籍したFW三浦知良(現横浜FC)から現在のFW本田圭佑(ACミラン)とDF長友佑都(インテル)まで、10人の日本人選手がプレーしてきた。今回はその全ての選手に対して寸評が付けられ、そのプレーぶりが評価されている。

 まずは三浦について「間違いなくアジア人のパイオニア」とした上で、「ジェノアでのプレーを考えれば、21試合で1ゴールしか決めなかった。だが、それはダービー(サンプドリアとのジェノバ・ダービー)だ。プレーを横に置いたとしても、日本においてイタリアへの興味を大きくした功績は素晴らしい」としている。

 続いたのは98年にペルージャへ移籍し、その後にローマでリーグ優勝も果たしたMF中田英寿だった。「疑いようのないセリエAで最高の日本人選手。ガウチ(当時のペルージャ会長)によってスポーツ面よりマーケティングで加入したが、首都のチームではスクデットまで引き寄せ、パルマではイタリア杯を勝ち取った。日本のスーパースターだ。10年前に引退したが、時代を超越した存在だった」と絶賛されている。

俊輔は「エレガントな左足FKを持つ」

 また、現在はジュビロ磐田の監督を務めるMF名波浩も、ヴェネツィアで1シーズンプレーしている。「ザンパリーニ(当時のヴェネツィア会長)は、“2人目の中田”を求めて獲得した。24試合で1ゴールだが、彼は魔法の左足を持つアシストマンだった」と紹介された。

 そして、今季からその名波監督の下でプレーしているMF中村俊輔(現磐田)もまた、ヨーロッパでのキャリアをイタリアでスタートさせた。レッジーナでプレーした中村は「驚異的でエレガントな左足フリーキックを持つ、レッジーナのトップ下。3年間で80試合11ゴール。セルティックに移籍した後にUEFAチャンピオンズリーグでの日本人初ゴールの伝説を残した」と、その左足の威力が懐かしまれている。

 また、鹿島アントラーズからサンプドリアに移籍したFW柳沢敦は「ちょっと残念だった存在」と、プレーは厳しく評価された。「イタリアでは記憶に残るものを残せなかったプレーヤー。15試合でノーゴールと、失望だけで去っていった」とされた。また、同じく鹿島からメッシーナに移籍したMF小笠原満男も「幸運には恵まれなかった。6試合で1ゴールを挙げたが、それだけしかない」と、印象的なプレーがなかったとされた。

 ストライカーでは、FW大黒将志(現京都サンガF.C.)はトリノでプレーした。「トリノで10試合に出場しただけで、失望を残した。だがマーケティングでは重要な意味があった」と、プレー面ではインパクトを残せなかったとされた。

 一方で、カターニャなどでプレーしたFW森本貴幸(現川崎フロンターレ)は「シチリア(カターニャの本拠地)で発見されたストライカーは、ユベントス、ナポリ、ローマからゴールを決めてチームを満足させた」として、強豪チームから得点を決めたことが高く評価されている。

1/2ページ

最終更新:4/4(火) 13:04
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新