ここから本文です

亀梨和也、KAT-TUNメンバーの“結束力”を確信「もし次こういうことあったら自分を疑いますね」

4/4(火) 11:30配信

リアルサウンド

 トークバラエティ番組『しゃべくり007 春の2時間スペシャル』(日本テレビ系)が4月3日に放送され、ゲストに亀梨和也、木村文乃、ヒロミ、滝沢カレン、加藤綾子が出演した。

 1組目のゲストとして、新ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)で主演を務める亀梨と木村が登場。MCのくりぃむしちゅー・上田晋也が互いの印象を尋ねると、木村は「スゴイ明るい方。私が基本ネガティブなので」と亀梨を評した。

 続いて上田が亀梨に「どうなの、最近? KAT-TUNとしては充電期間(だけど)。上田(竜也)くんと中丸(雄一)くんと連絡は?」と聞くと、亀梨は「用があれば。新年明けましておめでとう、とか」と回答。くりぃむしちゅー・有田哲平が「充電(期間)なの?」と確認すると、亀梨は「充電(期間)です」と返した。

 さらに前回の番組出演時を振り返った亀梨は、「(KAT-TUNが)4人になった時も(番組に)呼んで頂いて、『また1人辞めるんじゃないの?』って(言われたけど)、まんまと辞めやがった」と答え、スタジオを笑わせた。これに対しネプチューン・原田泰造は「あの時言ったよね? もう辞めませんって。みんな信じたんだよ」というと、亀梨は「僕も信じたんですよ」と苦笑。そして「(田口淳之介から)『己の道を』(と言われた)…己の道かぁ、って。人生の話をされてしまえば、なかなかね」と複雑な心境を明かし、上田も「引き止められない」と共感を見せた。

 有田が「3人の結束はすごい?」と聞くと亀梨は「と思いますよ」と答えるも、上田がすかさず「前回もそう言ってた。5人の時もそう言ってた」とツッコミを入れた。さらに亀梨は「もし次こういうことあったら自分を疑いますね。自分の感覚っておかしい(んじゃないかって)」と言うと、上田から「キミが抜ける可能性あるからね」と指摘されるも、亀梨は「ないです」と否定。上田は「上田と中丸がここ(スタジオ)で『亀梨が辞めやがった』って(言ってるかも)」と詰め寄るが、亀梨は「自信を持って(ないと言える)」と言った。

 さらに上田が「ジャニーズで最近会ってる人は?」と尋ねると、亀梨は「ドラマで共演した山下(智久)くん」と答え、「ドラマが決まる前からご飯2人で行ったり。13、14歳からずっと一緒」とプライベートでも仲が良いことを明かした。亀梨が「ピーとご飯行ってて……」と言うと、上田が「(山下のことを)ピーっていうの?」とツッコむと、亀梨は「僕はピーって呼ぶ」と微笑んだ。

 そして話題は休日の過ごし方へ。亀梨は「家出ない。(休みが)1日だったら全く出ない」と答えると、上田から「(外に)出たくないの?」と聞かれ、「カフェに行くと、ボクは休みですけど、(周りが)『あっ亀梨がいた』ってなるから、亀梨でいなきゃなと思うんですよ。普段こんな毛先遊ばせてないし」とプレッシャーを感じていることを明かした。

 この他にも番組では、10年間全くスタンスが変わらない亀梨を生まれ変わらせるために「匠から学べ 亀梨和也の新たな自分覚醒007」という企画を実施。アンジャッシュ・児嶋一哉の「名前を間違えられ、『○○だよ!』と訂正する」というネタを真似たり、ネプチューン・堀内健の破天荒キャラを取り入れようと猿の真似をするなどし、笑いをとった。

向原康太

最終更新:4/4(火) 12:02
リアルサウンド