ここから本文です

長友、スタメン奪取へ強気の姿勢「逆境なんて跳ね飛ばしてやる」

4/4(火) 12:32配信

フットボールチャンネル

 現地時間3日にセリエA第30節の試合が行われ、インテルはホームでサンプドリアと対戦し1-2の逆転負けを喫した。この試合でベンチ入りした日本代表DF長友佑都は、試合後に自身のツイッターで悔しさを述べている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 インテルに在籍して6シーズン目を戦っている長友だが、今季はベンチ止まりの試合が多く厳しい状況が続いていた。サンプドリア戦でもベンチ入りを果たしたが、起用されることなく試合を終えている。

 試合後に長友は「試合に出場せず、チームが負けることほど悔しいことはないね。監督には満足してるし、原因は自分自身にあることだけは理解してる。俺のサッカー人生順風満帆ではなかったし、逆境なんていつか跳ね飛ばしてやるけど、この悔しい気持ちは忘れないでいたい」と、自身のツイッターでつぶやいた。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)