ここから本文です

スペイン3部で前代未聞の騒動! バルサBの偉業から一転…八百長疑惑で相手監督逮捕、チームも活動停止

4/4(火) 23:42配信

Football ZONE web

バルサBが3部最多得点差の12-0でエルデンセに勝利も…八百長疑惑が浮上

 バルセロナと言えばFWメッシやMFイニエスタら各ポジションに下部組織出身の主力が控えているが、彼らが巣立ったバルサBチームが歴史的大勝を挙げた相手チームのエルデンセ監督が逮捕されるなど、前代未聞の大騒動を巻き起こっているとスペイン紙「スポルト」が伝えている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 バルサBは現在3部にあたるセグンダBに所属しているが、1日に行われたエルデンセというチームとの一戦で信じられないほどのゴールラッシュが起きた。前半の45分間だけで8得点を挙げて試合を決定づけると、後半にも4得点を追加。最終的に12-0でバルサBが勝利し、同カテゴリで最多得点差記録という偉業を成し遂げた。

 しかし試合後、大騒動となっているのは対戦相手のエルデンセだ。試合翌日に八百長に関与した疑念がかかるイタリア投資グループとの契約解消、そしてチーム自体の活動停止も発表した。

 これを受けてスペインの警察当局も捜査に動き出し、イタリア人監督のフィリッポ・ディ・ピエッロ監督を不正への関与を理由に逮捕したという。

 イタリアのラジオ局「RAC1」に出演したエルデンセのFWチェイキ・サッドは、チームの八百長を示唆するような証言をしている。

今後プレーしたいならゴールは取るな!

「バルサBとの試合をする1時間半前、彼らは我々を先発から外そうとした。彼らはチームメートに対して『この試合は動かぬものとなっており、もし今後プレーしたいのならばゴールを取ってはならない』と言っていた。監督は何かしらを知ってるし、選手もだ」と、指揮官と選手ぐるみでの犯行だったことを示唆している。

 バルサを巻き込んで起きた今回の八百長疑惑。佳境を迎える欧州サッカーにとって暗い影を落とすニュースになるのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/5(水) 0:15
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新