ここから本文です

3年連続リーディング・戸崎圭太騎手の“ルーティン”とは?

4/5(水) 8:00配信

ザテレビジョン

徹底した体重管理を求められる競馬の騎手たちが、普段どのような食生活を送っているのかを紹介するミニ番組「キシュメシ!」(読売テレビ)。

【写真を見る】戸崎圭太騎手がレースで見せる“勝負師の顔”とは違う柔和な笑みを浮かべる

昨年秋に放送され、ミルコ・デムーロ騎手や川田将雅騎手らトップジョッキーが意外な食生活について明かし、競馬ファンを中心に大反響を呼んだが、4月7日(金)より“続編”がスタートする。

初回は、南関東・大井競馬場を主戦場として地方No.1ジョッキーの名を欲しいままにし、2013年に鳴り物入りでJRAの騎手免許を取得してJRAジョッキーとなった戸崎圭太騎手が登場。2014年から3年連続で全国リーディングジョッキーに輝いている戸崎騎手が、こだわりの「食」について語る。

そんな戸崎騎手にインタビューを敢行。“キシュメシ!”である「甘酒」についてや、意外な素顔、春のGIシーズンに向けての意気込みなどを語ってもらった。

――収録を終えた率直な感想を教えてください。

こういうテレビ番組のカメラはまだ慣れないもので…緊張しました。

――普段の競馬番組でのインタビューとはまた違うわけですね。

そうですね。自然体で何も考えずに臨もうかと思っていましたが、本番になったら緊張してしまいました。馬のことだったら普通に話せますけど、こういう自分自身のことを話すというのは駄目ですね(苦笑)。

――戸崎さんの「キシュメシ!」は“甘酒”とのことですが、甘酒へのこだわりはいかがでしょうか?

特にこの銘柄が…などといったこだわりはありません。1日200mlくらい量を飲むというのと、米麹のものを飲むということくらいですね。

――ちなみに、奥さんの手料理でよく食べられるものは何かございますか?

何でも食べますよ。例えばハンバーグなどもグルテン(小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種)フリーで作ってくれますし、体のことをいろいろ考えて料理を作ってくれているので。特に魚料理は多くなりましたね。

でも、いつもグルテンが入っていないものを食べていますが、たまに無性に入っているものを食べたくなります(笑)。

――食事以外のルーティンワークで気を付けていることは?

アルコールも昔は毎日飲んでいたんですけど、(調整ルームに入る)金・土は抜くようになりました。それに、飲み過ぎた次の日はお酒を抜かないといけないなと気を使うようになったり、腸に負担をかけないようにしたり、そういう部分は気を付けるようになりましたね。

――昨年まで3年連続JRAリーディングを取られていますが、あらためて地方競馬と中央競馬での違いを感じる部分はどこでしょうか?

そうですね。コース形態もそうですが、地方はほとんどがダートレースということがまず違いますよね。それに地方よりも中央の方が競馬の組み立て方や作戦のちょっとしたミスが結果につながることもあるので、細かく考えなければいけないなというのはあります。

レースのバリエーションも豊富なので、引き出しも増やしていかないといけないですし、奥が深いですよね。

――以前、武豊騎手が「馬券は戸崎から買っておけば当たるんじゃないかな」と仰っていたそうですが、それに関してはどう思われますか?

それは、いい馬に乗せていただいているので(笑)。一番人気に支持される馬も多いですし、だからこそ結果は出し続けないといけないというのは常に考えています。やっぱりファンあってこその競馬なので、ファンの方の信頼を崩したくないですね。

――芝とダートではどちらが好きか、などはありますか?

ずっとダートで乗っていたので、芝の方がいいですね(笑)。どちらかというと新鮮です。どちらが乗りにくいとかはないですけど、芝の方が繊細な部分はあるので、その方が面白みもあるかなとは思いますね。

――では、芝のレースで特に印象に残っているレースはありますか?

ジェンティルドンナのラストランとなった「有馬記念(GI)」(2014年)はすぐに浮かびますね。あとは今でも鮮明に覚えているのが、初めて中央のGIを勝たせてもらったリアルインパクトの「安田記念(GI)」(2011年)ですね。

地方所属時代に勝たせてもらった大きいレースだったので、余計に印象に残っているのかもしれないです。

――毎週末に入られる、調整ルームでのお気に入りの過ごし方はありますか?

やっぱり自分の部屋が一番落ち着きます。最近本が読めるようになったんですよ。昔は全然本とか読めない人間だったんですけど、ようやく読めるようになったので、今は調整ルームで本を読む時間がお気に入りですね。自己啓発本のようなものを読むことが多いです。

――いよいよ春のGIシーズンに突入しましたが、意気込みをお願いします。

毎年年間リーディングは取らせていただいているんですけど、GIになると勝ち切れない部分もありますし、周りからも大レースに弱いイメージを持たれているので、GIに対する思いは格別強いものがあります。

今年もいい馬に乗せていただけるので、ぜひたくさん勝ちたいですね。まだクラシックも取ったことがないので、今年こそは!という思いが強いです。頑張ります。

――最後に、特にこの番組を通じて競馬を知る方へ向けてメッセージをお願いします。

競馬は結果が数字として出てしまうのですが、それだけじゃないというのも感じていただけたらいいなと思います。競馬は、馬との一体感といいますか、馬と騎手のコミュニケーションというのも、とても奥深いものがあります。

僕らも勝つためにレースに臨んでいるので、もちろん結果を出さないと駄目だなと思ってのっていますが、それ以外の部分も楽しんでいただけたらうれしいです!

記事提供社からのご案内(外部サイト)