ここから本文です

「少女」佐藤玲『性格が悪いなあと思いながら演じていた気がします(笑)』

4/5(水) 9:00配信

ザテレビジョン

湊かなえ原作、100万部突破のベストセラー小説を本田翼、山本美月の共演で実写映画化した「少女」のBlu-ray&DVDが、4月5日にリリースされた。それに合わせて、同映画に女子高校生・滝沢紫織役で出演した佐藤玲にインタビューを行った。

【写真を見る】佐藤玲は演じる滝沢紫織について「ずる賢い女の子」と分析!

本作の見どころについてや、現場での思い出、共演者の印象、また5月27日(土) より全国ロードショーされる「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の見どころについても語ってもらった。

――あらためて「少女」という作品の印象をお願いします。

この作品は見る人によって受け取り方がすごく違うと思いますし、その時の体調や気分でも大きく印象が異なると思うので、映画館で見てくださった方もBlu-ray&DVDで見ていただけたらまた違うものとして受け取っていただけるのではないかなと思います。そのくらいいろいろな顔を持つ作品という印象を持っています。

――演じられた滝沢紫織のキャラクターについてはいかがですか?

やはりちょっと狡猾(こうかつ)と言いますか、ずる賢い女の子と言いますか、自分がどういう人間なのか探り切れていないタイプの女の子です。

でもそういう時期ってみんなにあると思いますし、彼女はその“出力”の仕方が普通の10代の子とは違っていただけなんでしょうね。ちょっと頭が良かったから、逆に自分を追い込んでしまったのかなと思いました。

――三島有紀子監督の演出で印象に残っていることはありますか?

基本的に演者に任せてくださる方だったのですが、ちょっと方向性を修正しようとなったときに、監督がすごく的確に「これこれこういう理由だから、彼女はこうするんじゃないかと思うから、その方向でやってみて」と明確に言ってくださったので、すごくイメージが湧きやすかったです。

変に気構えず、その場その場で起きたことを大事にしていこうという思いで臨みました。

――原作は湊かなえさんの小説ですが、読まれましたか?

はい。映画化が決まるすごく前に読んでいました。だいぶ昔だったので、今回映画に出演することが決まってからあらためて読んでみて、女子高校生の生活の中で、持っているストレスとか、発散の仕方とか…いろいろ考えました。

舞台となった学校は決して都会の学校ではなくて、少し離れた所にある学校で、どこか閉塞感があるというか、すごく鬱屈しているというか、そういう場所のイメージでした。

それもあって主人公たちは自分がどういう人間なのかにすごく悩んでいて、本田さんのせりふにもありましたが「死を見てみたい」という、裏返したら「死の実感が欲しい」ということをすごく考えてしまったのかなと。

――今回は実年齢より年下の役ですが、大人になられてからの制服姿はどうでした?

原作と違って、いわゆる制服という感じではなかったので、そこまで抵抗はなかったんですけど、やはり制服を着ることに対しては年々精神的なギャップを感じるようにはなりました。

もともと私はキャピキャピしている感じではなかったので、特に制服を着るというのはどんどん抵抗が増しています(笑)。

――なるほど(笑)。今回、本田さんも山本さんもほぼ同世代ですよね?

そうですね。本田さんが同い年で、山本さんは一個上なので、その辺は同じ世代としては共有しながらできたかなと思っています。

――学校のシーンで何か印象に残っているところはありますか?

私はほとんど学校でのシーンはなかったのですが、山本さんとの芝居で、痴漢冤罪(えんざい)でサラリーマンからお金をだまし取って、「はい。これ敦子(山本)の1万円」という感じで渡そうとするシーンは鮮明に覚えています。

あと、紫織は敦子と一緒に歩いているとき、敦子の脚が悪いことを知っているのに全く気にかけないので、紫織ってすごく性格が悪いなあと思いながら演じていた気がします(笑)。

――では、本田さんと山本さんのそれぞれの印象を教えてください。

本田さんは役のキャラクターもあったと思うのですが、現場では常に役の由紀として集中されていた印象でした。監督ともよくお話されていましたね。私は山本さんとの共演シーンの方が多かったので、現場では山本さんとふざけ合っていることが多かったです。

そういえば、山本さんが私に“壁ドン”している写真をInstagramに載せたらネットニュースになっちゃったこともありました(笑)。その他にも現場でたくさんお話をさせていただきました。

――撮影できつかったところはどのシーンでしょうか?

水中のイメージカットが何シーンかありましたが、そこは大変でした。私、泳ぐのが苦手というか水が怖いんです。でも、監督との面談のとき「水に入るけど、泳げる?」って聞かれて、「はい。大丈夫です! 泳げます!」って言ってしまったので、いざ入る時に怖いと言えなくて(笑)。

でも、ダイビングスクールで何度か練習をさせていただいたので、大分マシになりました。DVDの特典映像にも入っていると思うんですけど、本番ではプールのせり出した台から後ろ向きに落ちて、そのまま5mくらい引っ張られるというシーンを何度も撮ったので、ある意味命懸けのような撮影で大変でした。とても貴重な経験ができました。

――死への好奇心を持つ女子高校生のお話でもありますが、佐藤さんは好奇心旺盛ですか?

好奇心は強い方ですね。知らなかったことはすぐ調べますし、人に聞きますし、自分が納得いかないことはすぐ調べちゃうかもしれないです。舞台なり映画なり、ちょっとでも興味があれば遠くでしか見られなかったとしても1人で見に行くこともありますね。好きなことに対してだけは行動力がある方です。

――では、今興味を持って調べたいことは?

ご飯を食べるのが好きで、自分が食べたいものを作ることが好きなんです。そのために料理教室に通おうと思って、いい所がないかいろいろ調べています。料理を覚えたいのもそうですが、基本的には自分が食べるために習いたいなと(笑)。

――最近うまくいった料理は何かありますか?

うまくいったのは、友人が来てパーティーをしたとき、「ワタリガニのトマトクリームパスタ」を大量に作ったんです。それは祖母や親戚のおばさんが、みんなで集まったときに作ってくれることが多いので、食べているうちにこうやって作るんだなあと覚えました。私も他人に料理を出すときはそれを一番多く作っていると思います。

――人生でなかなか出合わないタイトルの料理ですね…(笑)。

えー! そうですかね(笑)。うちは、みんな食べるのが好きなので…。

――なるほど。カニと言えばワタリガニだぞ!と。

はい…あれ? ワタリガニじゃなかったかなあ(笑)。小さいやつですよ? 大きいカニじゃなくて。そのカニを半分に割って、トマトとクリームで煮込んで、はいどうぞ!って感じで。いえ、もういいです…すみません(笑)。

――DVD化ということですが、DVD自体はご覧になることありますか?

はい、レンタルが多いのですが割と毎日見ていますよ。自分が出た作品も見ます。できるだけ映画館に行きたいと思っているんですけど、なかなか行けなくて見られなかったものとか、日本で上映していないものはレンタルビデオ屋さんで借りたり、買ったり、映画好きの友達に借りたりして見ています。

――特にお薦めのものはありますか?

最近ではないんですけど、私が一番好きな映画はフランソワ・オゾン監督の「スイミング・プール」(2003年)というフランスの映画なんです。オゾン監督の映画は日本でもたくさん上映されていますし、いろいろなテイストの映画がありますが、この作品は「少女」ともリンクしているのですが、最後まで見たら何か考えさせられるところがあるんですよ。

終わってから「あれ?」と余韻を持つような作品で、何度見ても答えが出ない映画ですね。誰かに「何が面白い?」と聞かれたら必ずこの作品を言おうって決めているくらい、私にとって大きな作品ですね。

――では、あらためて「少女」の見どころを教えてください。

死とは何かというのを考える作品なのだと思いますが、死が何かというより、むしろ逆で生きるとは何かということを考える作品なのかもしれません。

女子高校生に限定するのではなく、自分が若かったころや、現代の若い世代がどういうことで悩んでいるのかに焦点が当たっていると思うので、見終わった後、自分のときはどうだったかなということとか、今の若い子たちはどういうことで悩んでいるんだろうって考えてほしいです。

そうすれば、話は大きくなりますが、もうちょっと思いやりのある社会になるのではないかなと個人的には思っています。みんな最近イライラしているから、もうちょっと人に優しくしましょうよ…と。そういうこともこの映画を見れば考えられるかもしれません。

――そして、5月27日(土)より全国ロードショーの「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」にもご出演されますが、佐藤さんはどんな役柄でしょうか?

私は池松壮亮さん演じる慎二君の元同級生という役どころで、彼のある過去を知っていて、慎二君にとって“足かせ”のような存在です。

――この作品では、池松さんとしか絡んでいないそうですが、池松さんの印象は?

池松さんはすごくフラットな方で、お芝居中も普段みんなで話している時も、裏表がなく素直な方です。一緒にいてとても居心地がいいですし、何も気を使わないでいられる方ですね。どこまでもフラットな方という印象があります。

――石井裕也監督の印象はいかがですか?

石井監督は、これを言ったら怒られると思うんですけど、4年前くらいに「バンクーバーの朝日」という映画のオーディションを受けたとき、まだ20歳くらいで、オーディション自体も初めてに近いころにお会いしたのですが、石井監督の目が怖くて…というか、目つきが悪くて(笑)。

もちろん、お芝居をしてみたいという欲求はあったんですけど、石井監督が怖くて嫌だと思ったんです。何が怖いかというと、すごく見られている感じがするというか、全てを見透かされていると思ったんです。

でも、そのときいつかは石井監督の映画に出てみたいとも思ったんです。いつか、自分が実力を付けて、ちゃんと一人の女優として監督と対峙(たいじ)できるようになったらご一緒したいと思う、ほぼ唯一の監督でした。監督もそのオーディションのときのことを覚えていてくださったみたいで、今回こういう形で選んでくださいました。

実際にお会いすると、やっぱり目が怖いんですけど(笑)、お話をするとこういうふうにやってみたら良くなるんじゃないか、というアドバイスは的確で、いろいろ教えてくださいます。またいつか、自分が実力を付けてからご一緒できたらいいなと思います。

――最後にこちらの作品についても見どころをお願いします。

うたい文句でも「恋愛映画」となっているのですが、軸はそうだと思うんですけど、そうじゃない肉付け部分がすごくぜいたくなんです。

音楽も余韻が残りますし、映画を見ているときのざわざわ感がずーっと残る作品ってあまりないと思うので、映画館の大きなスクリーンで、大きな音で自分の中に起こるざわざわ感を楽しみにしていただけたらいいなと思います。

そしてDVDでもまた違った楽しみ方ができると思うので、DVD化したら、そちらも買ってぜひ見てください!

最終更新:4/5(水) 17:08
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)