ここから本文です

ドルトムント香川が今季リーグ戦初ゴール! 2戦連続アシストも記録し3-0快勝に貢献

4/5(水) 4:55配信

Football ZONE web

1G1Aの活躍でHSV酒井との“日本人対決”制す リーグ戦ホーム無敗記録を「34」に更新

 日本代表MF香川真司に待望の一撃が飛び出した。ドルトムントは現地時間4日にDF酒井高徳が主将を務めるハンブルガーSV(HSV)と本拠地で対戦し、香川の今季リーグ戦初ゴールなどで3-0の勝利を収めた。香川、酒井ともにフル出場した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ドルトムントは1日に行われたシャルケとの「レヴィア・ダービー」から先発4人を入れ替えた。4バックを採用し、攻撃陣はトップ下に香川、ともに19歳のモルとデンベレが両翼に入り、1トップは不動のオーバメヤンとなった。HSVの酒井はダブルボランチの一角として出場した。

 試合を動かしたのは、ホームでのリーグ戦で33試合無敗を続けるドルトムントだった。左サイドからモルと香川のコンビネーションで打開を図ったところで直接FKを獲得。ペナルティーエリアのわずか外、約20メートルという絶好の位置からMFカストロが右足を振り抜き、低い弾道のシュートをファーサイドに突き刺し、前半13分に幸先良く先制した。

 同27分には香川がヒールパスで決定機を演出。最終ラインの背後へ飛び出したFWオーバメヤンがGKと1対1を迎えたが、シュートはセーブされた。HSVもFWウッドが前半だけで3本のシュートを放つなどチャンスを作ったが、前半は1-0のまま折り返した。

2戦連続でオーバメヤンのゴールを演出

 スコアに動きがないまま迎えた後半28分、またも香川からエリア内のオーバメヤンへ絶好のラストパスが通った。しかし、シュートはゴール左へ外れる。

 今季24得点を挙げ、この日はキャプテンマークを巻いて出場したエースは、ことごとく決定機を不意にした。しかし、アシストという形で汚名返上を果たす。同36分、左サイドへのロングボールに反応したオーバメヤンは快足を飛ばしてDFを背後から追い抜いた。さらにドリブルで持ちこんでからゴール前へクロスを送ると、香川が右足で冷静に押し込んだ。香川は16試合目の出場で、今季リーグ戦初ゴールを決めた。

 これでオーバメヤンもプレッシャーから解放されたのか、後半アディショナルタイムには香川のパスからGKをかわしてネットを揺らした。香川とオーバメヤンの2人の活躍もあり、ドルトムントは2試合ぶりの白星を手にし、ブンデスリーガでのホーム無敗記録を34に更新した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/5(水) 6:53
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新