ここから本文です

桜前線吹き荒れるセレブのピンクスタイル。

4/5(水) 18:25配信

VOGUE JAPAN

桜満開のこの時期だからこそファッションにもピンク色を取り入れたい! リタ・オラのようにサングラスやブーツなどの小物類でさりげなく取り入れるか、エミリー・ラタコウスキーのように上下セットアップで着るのか、コーディネートはあなた次第!

ヴァレンティノやグッチなど2017-18AWコレクションに登場した「ミレニアルピンク」のルックを抜粋!

ヴィクトリア・ベッカム ベルベットで魅せるロマンチシズム。

ベルベット素材は秋冬もの、と思いがちだが、春らしいライトな色を選べば今のシーズンにもピッタリ! ヴィクトリアは自身が手がけるヴィクトリア・ベッカム(VICTORIA BECKHAM)の軽やかなスカートでパリに降臨。今や彼女のシグネチャーとなっている白シャツを合わせてスマートな装いに仕上げた。

エミリー・ラタコウスキー ガールパワーを主張するパワースーツ。

NYで行われたアルチュザラ(ALTUZARRA)のコレクションに、ピンクのテイラードスーツで登場したエミリー。細身でありながらある程度の余裕を残したパンツは、着心地抜群。人工中絶に反対する大統領令に署名したトランプ大統領へのメッセージとして、クラッチバッグには”Fashion Stands With Planned Parenthood”と書かれたバッジをオン。ピンク色のスーツは女性の権利を主張するに相応しいステートメント的一着とも言えそう。

リース・ウィザースプーン 映画『キューティ・ブロンド』を彷彿とさせる?! 王道ピンクの取り入れ方。

ひと足お先に春を満喫中のリースは、ピンクのバッグ&シューズをヘビロテ中。マルチに使えそうなトートバッグは自身が手がけるライフスタイルブランド、ドレイパー・ジェームズ(DRAPER JAMES)の品。そんなバッグとマッチさせた愛用のヒールはサンローラン(SAINT LAURENT)。フェミニンなスタイルが大好きなリースらしいピンクコーデは、気軽に真似できそう!

ジャスミン・トゥークス ヴィクシーエンジェル流、ピンクのさじ加減。

昨年、総額約3.1億円のファンタジーブラを着用する大役を務めて話題を集めたヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)モデルのジャスミンは、ピンクのボンバージャケットでロサンゼルス空港に降り立った。春先に重宝するボンバージャケットは、カーキやブラックなどダークトーンを選びがちだが、こんな桜色もガーリーでオススメ。パンツだけでなくドレッシーなスカートにも外しアイテムとして取り入れたい!

1/2ページ

最終更新:4/5(水) 18:25
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年10月号
2017年8月28日発売

700円(税込み)

日本人ロックスターとして、YOSHIKIが『VOGUE JAPAN』の表紙に初登場!
人気モデルのミカ・アルガナラズと豪華競演。