ここから本文です

「ゲッツェやロイスが不在でも…」 ブンデス公式がドルトムント選手層の厚さを称賛

4/5(水) 10:00配信

Football ZONE web

3-0で快勝したHSV戦を速報 「ホームでの無敗記録を約2年に伸ばした」

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、現地時間4日に行われたブンデスリーガ第27節ハンブルガーSV(HSV)戦で3-0の快勝を飾った。香川が今季リーグ戦初ゴールと2試合連続アシストをマークしたこの試合、ブンデスリーガ公式サイトはドルトムントの選手層の厚さに触れている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 1日のシャルケとの「レヴィア・ダービー」から先発4人を入れ替えたドルトムントは、香川をトップ下に配置。HSVで主将を務めボランチに入った日本代表DF酒井高徳と、マッチアップする形となった。

 試合は前半13分にMFカストロが直接FKを低い弾道で突き刺し、ドルトムントが先制。その後も試合を優位に進めると、後半36分にロングボールに反応したFWオーバメヤンがDFとのスピード勝負を制して、ゴール前にクロス。これを香川が決めて、貴重な追加点をゲットした。さらに後半アディショナルタイムには、香川のパスからオーバメヤンが決めて勝負を決めた。

 香川とオーバメヤンがしっかりと結果を残した試合について、同サイトも速報で配信。マン・オブ・ザ・マッチはボランチの位置で試合をコントロールしたMFヴァイグルに譲ったものの、「直近6試合のブンデスリーガで1試合しか敗戦しておらず、ホームでの無敗記録を約2年に伸ばしているドルトムントは、後半も自分たちのリードを安全にするために攻め続けた」と、力強い戦いぶりを見せたことに触れた。

「トゥヘルは素晴らしい11人を送り出せた」

 また「ゲッツェ、ロイス、シュールレ、シュメルツァー、ドゥルム、ソクラティスらが不在にもかかわらず、トーマス・トゥヘル監督は素晴らしい11人をピッチに送り出すことができ、ドルトムントがチーム全体としての強さが深まっていることを証明した」と、選手層の厚さを称賛している。

 一時はベンチが定位置となりつつあった香川だが、終盤戦に入って主力不在のなかで結果を残している。ブンデスだけでなく、次週に控えるUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝モナコ戦を見据えても、好アピールとなったのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/5(水) 10:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新