ここから本文です

宮野真守がアクション大作で米ドラ吹き替え初主演

4/6(木) 10:00配信

ザテレビジョン

6月よりスーパー!ドラマTVで日本初放送されるアメリカ発のアクションドラマ、「MACGYVER/マクガイバー」。その主役で、ルーカス・ティル演じるマクガイバーの日本語吹き替えを、声優の宮野真守が担当することが発表された。

【写真を見る】これぞアメリカン! ド派手な「MACGYVER/マクガイバー」のキービジュアル

「MACGYVER/マクガイバー」は、1980年代にアメリカで大ヒットしたドラマ「冒険野郎マクガイバー」を25年ぶりにリメークした作品。アメリカでは2016年9月より放送が開始され、第1話は録画も合わせ1411万人が視聴したという話題作だ。

秘密組織のエージェントである主人公のマクガイバー(愛称マック)は、MIT(マサチューセッツ工科大学)出身という設定。その頭脳を生かし、危機から脱出するための道具を即興で組み立てるなど、独創的な発想と創意工夫を発揮するシーンが見どころの一つだ。

そんなマクガイバーの吹き替えを担当する宮野は、アニメ「DEATH NOTE」(2006~2007年、日本テレビ系)など、数多くの作品で主役を務めた人気声優。今作が米ドラマの吹き替えとしては初主演となる。

そのほかの吹き替えキャスト陣には、マクガイバーの相棒ジャック役に土田大、天才性ハッカーのライリー役に永宝千晶、マクガイバーの親友ボーザー役に安田裕などが決定。作品の世界をより魅力的に彩っていく。

■宮野真守 コメント

今回の「MACGYVER/マクガイバー」は、多くの方に愛された名作「冒険野マクガイバー」のリブート版という事で、かなり気合いが入っています! 

僕の担当する、主人公の「マック」は、頭脳明晰でしかもアクションもめちゃくちゃカッコいいんです。

物語も、ものすごく面白くて、現場では、僕自身が心底楽しみながら、毎回興奮しつつ収録させていただいています。

個人的には、僕が声優としてのお仕事をスタートした頃に、相棒役で共演していた土田大さんと、またこういう形でバディ役ができる事が、とっても嬉しいのです!

みんなでを合わせて、最高の吹替版を作っていくので、是非みなさま、オンエアを楽しみにしていてください!

最終更新:4/6(木) 10:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)