ここから本文です

V6三宅健が女形初挑戦で滝沢秀明と“二人女形”を披露「ケンタッキー」CM出演も熱望!

4/6(木) 16:43配信

ザテレビジョン

滝沢秀明が主演、演出を手掛ける舞台「滝沢歌舞伎2017」がことしも新橋演舞場で4月6日に開幕。同劇場で舞台稽古後に囲み会見が行われ、滝沢と昨年に引き続き出演する三宅健が出席した。

2006年に初上演された同舞台はことしで12年目を迎え、2015年にはシンガポールで初の海外公演も行われた。滝沢が表現する独自の和のエンターテイメントは、多彩なパフォーマンスが見もので、三宅が昨年初参加となった。

ことしは、昨年も話題になった滝沢と三宅による「浮世艶姿桜」のほか、新たに「蒼き日々」という新曲も。ジャニーズJr.やダンサーらと共に圧巻のダンスナンバーを披露した。

また、“裸太鼓”の前には滝沢が叩く太鼓と三宅のタップ太鼓との掛け合いも新たに加わり、ますますパワーアップ。ジャニーズJr.の“SnowMan”は、滝沢がおよそ100曲から選んでアレンジを手掛けた新曲を、A.B.C-Z・五関晃一の振り付けで初披露。衣装デザインも三宅が手掛けた。

ファンからの要望でことしも出演が実現した三宅について滝沢は、「ファンの皆さんから僕にも“もう一度、健くんを!”という声がたくさん届いたんですね。今までそういうことがなかったですし、この気持ちに応えるべきだなと思って、ことしも健くんにお願いしました」といきさつを説明。

今回の歌舞伎では、滝沢と初の女形に挑戦する三宅による“二人女形”も見どころのひとつ。舞台上で行う化粧について三宅は、「歌舞伎の先生には『二人はとてもいい顔をしてるのに、メークダウンしているときがあるので、気を付けて下さい』と言われました(笑)」と告白。

一方、歌舞伎の化粧に慣れている滝沢も、「僕もメークダウンしました…」と苦戦しているようで、「今までいろんなメークやってきたんですけど、一から教わりました。角度が少し違うだけで、変わってしまうので…」と難しさを明かした。

そして、ついに5月4日(木・祝)昼公演では、上演回数通算600回を達成。滝沢は「まだ600回なんだっていう感じですけどね」と実感が湧かないようで、「もっとやっている気がします」とコメント。すると、三宅は滝沢に、「すごいことですよね、本当に。果てしなく続いてほしいですね」と声をかけ、滝沢も「体力が続く限りは!」と力強く宣言した。

昨年は、「ケン&タッキー」の組み合わせが縁で、ケンタッキーフライドチキンのCMでも共演。まだオファーがないそうで、滝沢は「僕らはいつでも待ってますから!」と呼びかけた。

最後に、「健くんとの共演がみなさんの声で実現できたことが、僕の中でとても大きなことでした。とにかく“熱い春”にしたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」(滝沢)、「昨年、本番中に感じたのはお客さまから感じる多幸感。ことしも皆さんと一緒に多幸感を感じながら、千秋楽まで走り抜けたいなと思っております」(三宅)と、これから観劇に訪れるファンにメッセージを送った。

最終更新:4/18(火) 21:49
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)