ここから本文です

門脇麦が奴隷役で苦悩「今まで何をしてきたんだろう」。舞台フェードルで大竹しのぶと共演

4/7(金) 11:39配信

ザテレビジョン

悲劇へと向かう女性の姿を美しく描いた古典演劇「フェードル」が4月8日から東京・渋谷Bunkamura シアターコクーンで上演される。

劇中では複雑な三角関係となる大竹しのぶと門脇麦。実際は見詰め合って微笑むほど息もピッタリ!?

主演の大竹しのぶ、門脇麦、平岳大らが記者会見を行い、舞台への意気込みを語った。

王族の娘で、奴隷の身分に落ちた難役を演じる門脇は、膨大なセリフ量と求められる演技レベルの高さについて「この仕事始めて5年が経ちますが、私は5年間何をしてきたんだろうって思ってしまいました」と本音をポロリ。演出家・栗山民也の稽古では、課題を少しずつ与えられ、自身の役を深めていったのだという。

舞台では、大竹と門脇が一人の男性(平岳大)を巡って、複雑な三角関係を繰り広げる。大竹は「麦ちゃんと(平)のシーンを見ると、『そりゃ(平が)麦ちゃんを好きだろう』って。彼はなぜか私を怖がるんです。なんでなんだろうって」と平との稽古中のエピソードを披露し、記者団を和ませた。

最終更新:4/7(金) 11:39
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)