ここから本文です

お弁当歴20年4000食から編み出した、冷めてもおいしい「から揚げ弁当」12パターン

4/6(木) 15:10配信

エイ出版社

選りすぐりの12バリエーションを披露

みんな大好きから揚げ弁当。そのままでも美味しい人気メニューですが、アレンジを加えればさらにお弁当のバリエーションが広がります! 今回は朝の生活情報番組「あさイチ」(NHK)で時間がたっても美味しい「から揚げ」を披露した、料理研究家の長谷川りえさんの、から揚げ弁当のアレンジテクニックをご紹介します。

20年間4000個以上、毎日家族の弁当を作り、そのすべてを記録してきた長谷川さんは、20年の間、お弁当に関してはいろいろなことを試してきた、と話します。

から揚げは、長谷川さんの家でも人気のお弁当おかず。著作『繰り返し作りたくなる! ラク弁当レシピ』では、選りすぐりの12バリエーションを披露。その鮮やかなアレンジテクニックはすぐ取り入れたい!

まずは味つけをチェンジするパターンから。

【1】揚げびたし風に

揚げたから揚げを、ごま油、酢、麺つゆ、水を混ぜて長ねぎ、白ごまを加えた汁にくぐらせ、揚げびたし風に。から揚げの下にはキャベツがたっぷり。卵焼きを添えて。

【2】ガーリック風味に

食欲をそそるガーリック風味のから揚げです。赤と黄色のパプリカ、ピーマンで3色のナムルにし、セロリはせん切りにしてコールスローにしています。

【3】ピリ辛マヨあえに

マヨネーズとコチュジャン、ラー油、しょうゆを混ぜてたれを作り、加熱したパプリカといっしょにから揚げをあえます。ゆでたほうれん草を添えて。

【4】照り焼きのたれで

から揚げを照り焼きのたれにからめ、マヨネーズを細い線にしてかけました。から揚げといっしょに食べてもらうように、下には水菜が敷いてあります。ゆで卵を添えて。

お次は、主役の肉を少し変えてみましょう。

【5】こま切れ肉を使って

豚こま切れ肉で作ったから揚げ。豚肉に下味をつけて軽く丸め、片栗粉を薄くまぶして揚げます。肉がカリッとしておいしいです。副菜は卵焼き、キャベツ炒め。

さらに今度は、衣も変えちゃいます。

【6】衣を変えてふんわり

卵などを加えた衣で揚げるとふんわり仕上がります。ちくわとみょうがをポン酢しょうゆとマヨネーズであえ、なすとパプリカはみそ炒めに。

プラスαの材料で、こんな顔にも。

1/2ページ

最終更新:4/6(木) 15:10
エイ出版社