ここから本文です

起死回生PK弾に“イブラ節”炸裂! 「ライオンはまだ生きている」「オレを憎む人間も信者に…」

4/6(木) 7:20配信

Football ZONE web

エバートン戦で同点弾を決めて今季公式戦27ゴール目をマーク

 マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、4日の本拠地エバートン戦(1-1)の終了間際に起死回生の同点PKを決めた。今季公式戦27ゴール目を決めたカリスマは、「みんなオレ様が車椅子に乗っていると思っただろうが、どうだ。ライオンはまだ生きている」とイブラ節を炸裂させている。英地元テレビ局「BTスポーツ」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 イブラは後半アディショナルタイムに、チームを敗戦の危機から救う同点PKを決めた。

「35歳でオレ様はここに来た。誰もが車椅子に乗っていると思っただろう。実際はどうだ。ライオンはまだ生きている。そういうことだ。みんなの発言が間違っていると証明してやったんだ。そういう(年齢の)話はこれ以上聞きたくないし、楽しくもない。なぜなら、オレを憎む人間もファンみたいになってしまった。いや、信者かな」

 “赤い悪魔”で孤軍奮闘の活躍を見せるストライカーはこう語った。オランダ、イタリア、スペイン、フランスでリーグ優勝を果たした優勝請負人も、今や35歳。プレミア初上陸前に限界論も囁かれた状況を「車椅子」と物議を醸しそうな言葉で表現し、自らを百獣の王と自画自賛。イブラ信者増殖中と、勝利宣言している。

「残ってくださいと懇願しているのは…」

「オレ様は35歳。数カ月後に36歳になるが、年齢は単なる数字にすぎないと証明した。成長を続ける。そして、他のヤツを自分より老けているように見せてやるのさ」

 年齢を超越したスーパーアスリートは、今季限りでマンチェスター・ユナイテッドと契約満了になるが、1年間の延長オプションが存在する。LAギャラクシー移籍で合意とも報じられているが、王様はプレミアリーグを完全に見下ろしている。

「プレミアリーグがオレ様に残ってくださいと懇願しているのは知っている。ここに来て、1年間必要だと伝えた。3カ月で理想の状況になったな。来年同じ気持ちでいるかどうかは、分からないな」

 ユナイテッドは決定力不足を露呈しているが、唯我独尊のストライカーは絶好調。来季去就については明言を避けていた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/6(木) 7:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新