ここから本文です

難解な『騎士団長殺し』を楽しく読むコツ あるいは「ポスト・トゥルース」

4/6(木) 21:58配信

KAI-YOU.net

「小説とはたとえるならば「家」のようなもので、一階にはエントランスやロビーなどのひとびとが集う場所がある。二階にはリビングや個室などのプライベートな空間があって、小説というのはそういう建築物だ。

【新作も大ヒットの村上春樹】

しかし、家には暗く、光のささない暗い地下室がある。そこにはその家で暮らすひとびとにすら忘れ去られてしまったがらくたや古い記憶が雑多に放置されている。

地下に潜らなくても小説は成立するけれど、しかし名作と呼ばれる作品はかならずこの地下室をちいさな光を頼りに潜っていく。」(村上春樹の公開インタビュー「魂を観る、魂を書く」より筆者覚え書き)

村上春樹がこのようなことを言っていたのを、2013年、京都大学で行われた講演会「魂を観る、魂を書く」で私は聞いた。

この講演会は「河合隼雄物語賞・文芸賞」を記念してのもので、上に挙げたような発言は、彼がもう故人となっていた心理学者・河合隼雄との対談でかつてなされた話題だったという。

私は当時まだライターではなく学生で、その発言のメモをとってなかったということもあり、上記について細部はあやふやで申し訳ないのだが、ともあれこのようなことが彼の口から話されたことはまちがいない。

2月に、村上春樹の書き下ろし長編『騎士団長殺し』が発売された。

内容や本の装丁は非公開で、上下巻合わせて130万部刷られ、発売前日の夜にはNHKで特番が組まれるなど、(ありがちなことをいえば)出版不況が叫ばれる昨今では異例の盛り上がりであることはまちがいない。

なぜこれほどまでに「たかが一作家の新刊が出た」だけで盛り上がるのかという疑問をおそらく多くの方が抱いているだろうとおもう。そしてその盛り上がりがほんとうに「作品の価値」に見合うものなのかといぶかるのも無理はないとおもう。

この記事では、新作長編『騎士団長殺し』を通して、「村上春樹」がどのような作家なのかということを考えてみたい。

最初にいってしまうと、この小説は「村上春樹」の創作論に関するものだ。過去作で使用されたモチーフが利用されながら物語は展開し、そして第1部と第2部の副題にあらわれる「イデア」、「メタファー」といったものへと向かっていく。

例えば、村上春樹を知る読者にとっては『ねじまき鳥クロニクル』と『騎士団長殺し』の類似点がネガティブに挙げられがちだが、何が「致命的に」異なるのか。それも紐解いていきたい。

そして『騎士団長殺し』をはじめとする他の作品群を読むにあたっても、最初に挙げた「家」と「地下室」というメタファーを軸にすることで見通しはずいぶんと良くなる。

※本稿では、『騎士団長殺し』の一部ネタバレを含みます

1/7ページ

最終更新:4/6(木) 22:36
KAI-YOU.net