ここから本文です

「日韓合意は白紙に」発言も話題。“韓国のトランプ”こと城南FCオーナー、大統領予備選敗北も支持拡大の理由

4/6(木) 10:00配信

フットボールチャンネル

4日に行われた韓国大統領予備選で敗れた城南市長のイ・ジェミョン氏。過激な発言で度々議論を呼ぶことで“韓国のトランプ”の異名を取るイ氏は、韓国2部リーグの城南FCのオーナーという意外な一面を持っていた。(取材・文:キム・ドンヒョン【城南】)

韓国予選敗退の危機… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

“韓国のトランプ”、社会問題で大きな成果も日本への強硬姿勢が物議

 “韓国のトランプ”ことイ・ジェミョン城南市長は、4日夜に行われた韓国大統領選挙に向けた最大野党「共に民主党」の後任候補選挙で22.1%の投票率で3位。国民的な支持を集めるムン・ジェイン氏が57%の得票率で圧勝し、イ氏は落選した。

 惜しくも苦杯を喫した彼だが、ビック・マウスとしてのイメージは確固たるものにしている。次期大統領選挙での活躍が期待されるポジションまで這い上がったのだ。

 痛烈な社会批判は彼の持ち味だ。青年期を時計工場で働きながら送ったイ氏だけに、労働者問題に関しては積極的に持論を展開する。

 イ氏は口だけではなく、アクションも起こす。彼が赴任するまで財政難でモラトリアム宣言をしていた城南市だが、現在は韓国で最も住みやすい都市に選ばれるほど激変。特に学生への支援、就職活動サポート、妊婦への支援は韓国屈指といっても過言ではない。

 しかし、日本の立場から見ると相当厄介な人物である。慰安婦を象徴する少女像に関する問題が勃発した際、彼は「日本の蛮行で強制連行された従軍慰安婦はいまだに泣いている。慰安婦問題日韓合意は白紙に戻すべき」と強硬な発言を残している。

 もちろん日本政府への批判だけではく当時時政権を握っていた朴槿恵政権への批判でもあるのだが、彼が持つカラーがうかがえる節だ。

 基本的に日韓関係に対するスタンスもそうだ。次期大統領候補の中で最も刺激的な発言をしている。昨年12月に彼は日本を「軍事的に敵の関係を完全に解消しているとみてはいけない」とし、日本を「敵性国家」とみなした。これは韓国の中でも大きな物議を呼んだ。

城南FCオーナーでもあるイ氏。過去には政治利用でファンから批判も

 こんな立場とは裏腹に、フレンドリーな一面も持つ。以前のコラムでも書いたが、彼は城南FCのオーナーでもある。サッカーを通じて、市民とのコミュニケーションに力を入れる姿は今までの政治家とは路線が違うような印象さえもある。

 もちろんサッカーを自分の政治活動に利用しているという批判からは避けられない。城南とってクラブ史上初のKリーグ2部降格が決まった試合当日、彼の姿はスタジアムになかった。大統領候補の論議の場に出席しており、この件によって一部のサッカーファンから批判の声が上がったこともある。

 イ氏は落選したとはいえ、まだ全てが終わったわけではない。22.1%の得票率が彼の人気を立証している。彼が所属した「共に民主党」が韓国最大党であることを考えると大きな数字だ。

 この路線を維持するなら今後の大統領選挙で彼が疾風を巻き起こす可能性も十分ある。引き続き、日本の読者の注目も必要であろう。

(取材・文:キム・ドンヒョン【城南】)

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)