ここから本文です

最新FIFAランク発表! 日本は7ランク上昇し14年8月以来の44位 43位韓国に次ぐアジア3番手

Football ZONE web 4/6(木) 18:04配信

アジア勢1位はイランで28位 W杯出場権獲得のブラジルが1位の座を奪還

 国際サッカー連盟(FIFA)は6日、最新のFIFAランキングを発表した。

 3月の国際Aマッチデーは世界各国でロシア・ワールドカップ(W杯)予選が行われたこともあり、順位変動が目立った。

最新FIFAランキング「世界TOP20」&「アジアTOP20」(2017年4月6日発表)

 日本はW杯予選でUAE、タイに連勝したため、前回の51位から7ランク上昇させ、2014年8月以来の44位となった。アジア最終予選グループBを戦うライバルでは、オーストラリアがアジア4番手の50位、日本と同様に3月シリーズでタイ、イラクに連勝したサウジアラビアが5番手の52位に、いずれも前月から5ランクアップさせている。一方、グループAで中国に敗れた韓国は、アジア2番手の座は維持したものの、前月から3ランク落として43位、アジア勢トップはイランで変わらず、前月から5ランク上げて28位とした。

 上位ではロシアW杯出場を決めたブラジルが1位の座を奪い返し、前月1位だったアルゼンチンは3月のW杯予選でボリビアに敗れたことも影響し2位に転落。3位ドイツ、4位チリは変わらず、5位にはコロンビアが上昇し、トップ5に南米勢が4カ国入る結果となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/6(木) 18:27

Football ZONE web