ここから本文です

「メッシより力を持つ」と呼ばれたアルゼンチン人MF 日本の6部リーグ参戦に海外メディア注目

4/6(木) 22:19配信

Football ZONE web

流転のサッカー人生を歩む31歳のMFローダス 今季エスペランサSCに加入

 現在サッカー界のナンバーワンプレーヤーの一人として、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの名が挙がることに異論を持つ者は少ないだろう。そんななかで、かつて“メッシより力を持つ男”と呼ばれたある選手が、日本の6部相当のリーグでプレーすることになったと、サッカー専門サイト「BOLAVIP」が報じている。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 その選手とは、グスタボ・ローダスという31歳のMFだ。ローダスはアルゼンチン屈指の名門であるニューウェルス・オールドボーイズに加入し、10代の頃から将来を嘱望された。そして2003年に行われたU-17南米選手権に招集。同メディアによると「メッシよりも力を持つ」との評価を受けていた。

 しかし、その後はクラブを次々と移り変わる流転のサッカー人生を送っている。母国アルゼンチン以外にもコロンビア、ペルー、エクアドル、中国でプレー経験があり、2010年に所属したレオン・デ・フアンコ(ペルー)では素晴らしいシーズンを過ごしたとの記述がある。

 そんなローダスは「今や全く違う境遇で、現在はアジアのサッカーの6部クラブに所属している。彼は4月14日に始まる関東地域リーグに所属する、日本のエスペランサSCの新加入選手として紹介されている」と紹介。J1、J2、J3、JFLの下のカテゴリーである関東サッカーリーグ2部で、神奈川県横浜市を中心に活動するエスペランサ・スポーツクラブに加入したことを伝えている。

クラブ側は実績の高さに期待

 同クラブも3月17日にローダスの加入を発表しており、「グスタボ・ローダス選手は、かつてメッシも憧れたという逸材で、アルゼンチンU-17代表として南米選手権優勝等に貢献し、その後も様々なチームにてキャリアを積んできた選手です」と実績の高さに期待している。

 若き日にアルゼンチンの将来を担うと期待された31歳は、日本の下部カテゴリーに所属するチームのなかで、どのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/6(木) 22:19
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新