ここから本文です

マラドーナが肖像権問題でコナミに反撃を予告 「君らは金持ちを食い物にしようとしている」

4/6(木) 23:11配信

Football ZONE web

フェイスブックを更新し非難の声明 全面戦争に発展か

 アルゼンチンが生んだフットボール史上に残る天才であり永遠の問題児であるディエゴ・マラドーナ氏が、コナミを相手にサッカーゲームで使用された自身の肖像権問題について反撃を予告している。自身のフェイスブックを更新し、メッセージを発した。

【写真一覧】美女サポーター特集 あのスター選手の美人妻やガールフレンドも…

 マラドーナ氏は日本企業であるコナミが自身の肖像権使用許可を取らずにゲームを制作したとして提訴する意向を示していた。

「今や、コナミはバルセロナからオレの肖像を使用する権利を得たと言い始めた。だが、アルゼンチン代表チームをバルセロナがどうコントロールできると言うのか。オレはもう56歳だ。奴らがオレをだますことなどできない。いいか、コナミ。君らは金持ちを食い物にしようとしているのだ。オレは君たちから受け取った金で、貧しい子供たちに向けたサッカー場を作る。そこで彼らはクリーンなゲームができる。全てはオレの弁護士であるマティアス・モルラの手にあるんだ」

 コナミは先日「一部の選手を無許可で使用しているとの報道がございましたが、弊社はライセンス元との契約内において、適切に使用しております」と声明を発している。それだけに、マラドーナ氏の今回の発言は全面戦争がスタートすることを宣言したものになる。

 マラドーナ氏はコナミから受け取ると確信している賠償金の使い道まで明言している。果たして、日本の世界的ゲームメーカーとレジェンドによる対決の結果は、どのようなものになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:4/6(木) 23:11
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新