ここから本文です

“ナイキ・マスク“で罰金のドルトFWがクラブを挑発? 兄が投稿した写真が波紋

4/6(木) 18:00配信

フットボールチャンネル

 ボルシア・ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、自身の行為に対して罰金を科したクラブへの不満を表したのだろうか。同選手の兄がSNSに投稿した写真が波紋を呼んでいる。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 ドルトムントのエースストライカーであるオーバメヤンは、現地時間1日に行われたシャルケとのダービーマッチでゴールを決めたあと、マスクを取り出して顔にかぶるパフォーマンスを見せた。だが、このマスクはオーバメヤンの個人スポンサーであるナイキがプロモーションの一環として制作したものであったことから、プーマとのスポンサー契約を結んでいるクラブの不興を買ったとみられている。

 ドルトムントはオーバメヤンに対し、5万ユーロ(約600万円)の罰金を科すことになると報じられた。オーバメヤンはこれが“初犯“ではなく、以前にもナイキのロゴを側頭部にあしらった髪型をクラブから注意されていた。

 ひとまず今回の件は終結するかに見えたが、5日深夜には、兄であり同じくサッカー選手のウィリー・オーバメヤンが自身のインスタグラムに投稿した1枚の写真が問題視されることになった。

 写真に写されているのは、おそらくウィリーだと思われる人物が問題のマスクをかぶってポーズを取り、その横にピエール=エメリクが座っている様子。ドルトムントの練習着姿のピエール=エメリクは浮かない表情を浮かべているように見える。

 写真がいつ撮影されたのか、どういう意図で投稿されたのかは定かではない。ドイツメディアは、クラブに対する挑発ではないかとも捉えており、ドルトムントとオーバメヤンとの関係悪化に繋がる可能性も懸念されている。

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)