ここから本文です

【プレミアEAST展望】空前の大混戦か。昇格組の浦和ユースも侮れない

4/6(木) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

黒田監督「とにかく目標は残留」。

 高円宮杯U-18プレミアリーグEASTは今季で7年目を迎える。
 
「オリジナル10」として参加していたクラブでいまも残留し続けているのは、昨季優勝の青森山田と同6位の清水エスパルスユースのみ。このシンプル極まる事実がEASTの厳しさをなにより雄弁に物語っている。どの世代を切り取っても人材がいるFC東京U-18ですら一度は降格の憂き目に遭っているのだ。青森山田の黒田剛監督が「とにかく目標は残留」と強調するのも、決して謙遜ではなく、「現実を見ているだけ」(同監督)ということである。
 
 逆に今後は、カムバックしてくるチームが逞しいのもEASTの特徴になっていくかもしれない。今季は大会2シーズン目で無念の降格となった浦和レッズユースが満を持して“復活”。U-18日本代表のDF橋岡大樹、同MF井澤春輝ら各ポジションにキラ星のごときタレントを揃える陣容は、初参戦ながら優勝候補の一角と見なすのに十分だ。開幕戦はいきなり王者・青森山田とのゲームになるが、昇格組と侮ってはいけない。大槻毅監督は「目標?もちろん残留です」と涼しい顔だが、逆にこの謙虚さが怖いチームである。
 
 今季は例年以上の混戦という見立てをする関係者は多いが、これは“転入組”の存在も大きい。制度の妙と言うほかない形で、京都サンガU-18がWESTからEASTに移ってきたのだ。U-17日本代表のMF福岡慎平、同FW上月壮一郎など代表歴のある選手に限定しても、名前を挙げだしたら切りがない。そんなチームがEASTに移ってどうなるかは、正直読めない。このタイミングで就任した岸本浩佑新監督の手腕にも注目だろう。

【PHOTO】 日本高校選抜vsU-18 Jリーグ選抜を彩った好タレントたち

開幕8カードは味スタ西で集中開催。

 一方、昨季2位のFC東京U-18は今季もU-23チームとの掛け持ち参戦。U-20日本代表のFW久保建英らの出場機会は限定的なものとなりそうだが、分厚い選手層を思えば、それでも十分に優勝候補か。昨季を通じて掛け持ちのノウハウが確立されたのも大きい。エースFW平墳迅、U-17日本代表のDF監物拓歩ら昨季の経験者も残った清水ユース、中学年代で全国制覇をしている世代が最終学年を迎える鹿島アントラーズユースもダークホース的な存在だ。
 
 かたや看板選手が多く抜けた大宮アルディージャユース、横浜F・マリノスユース、そして市立船橋といったチームは序盤がひとつの勝負どころになるかもしれない。柏レイソルU-18はFW中村駿太が青森山田に転籍するという波乱のオフとなったものの、それでもU-18日本代表のDF中川創、U-17日本代表のFW森海渡、大会屈指のGK猿田遥己など力のある選手は多く、チームとしてのポテンシャルは十分ある世代だ。
 
 なんにせよ、プレミアリーグEASTは、FC東京U-18の佐藤一樹監督をして「勝点を計算できそうなチームがひとつもないリーグ」。フタを開けてみないことには、優勝も降格もまるで読めない。
 
 今季注目したい逸材は、以下の5選手だ。
 
奥抜侃志(大宮ユース/FW/3年)
トップチームのキャンプで結果を残した期待のストライカー。昨年、一昨年に比して個の力で劣ると言われる今季の大宮だが、奥抜は“個”でも十分に戦える選手だ。
 
飯田雅浩(青森山田/GK/2年)
「廣末陸の後継者」という圧倒的なプレッシャーを受けながら急成長しつつある2年生GK。身長が伸びると同時にプレーも大人になり、大ブレイクの予感も。
 
井上 怜(市立船橋/MF/2年)
巧みなタッチと瞬時の判断で相手をかわし、左足からの鋭いシュートも見せる技巧派MFで、先ごろU-16日本代表にも選ばれた。飛躍のシーズンとできるか。
 
池髙暢希(浦和ユース/DF/2年)
山瀬兄弟を輩出した北海道の名門SSSジュニアユース時代からその名を知られるテクニシャン。昨季は右DFとして新境地を開き、U-17日本代表にも定着してきた。
 
平墳 迅(清水ユース/FW/3年)
その足に特別製のキャノン砲を備えた“清水の大砲”。ときに試合の流れを無視したような一発で局面を塗り替える。最終学年を迎えた今季は、よりコンスタントな活躍が望まれる。
 

1/2ページ

最終更新:4/6(木) 7:00
SOCCER DIGEST Web