ここから本文です

「仮面ライダーアマゾンズ」2期は新主人公が演技初挑戦

4/7(金) 10:00配信

ザテレビジョン

4月7日(金)よりAmazonプライム・ビデオで配信が開始された「仮面ライダーアマゾンズ」シーズン2の製作発表が4月6日に行われ、キャストの前嶋曜、白本彩奈、藤田富、谷口賢志、武田玲奈、東亜優、製作プロデューサーの白倉伸一郎が登壇した。

【写真を見る】メカニカルな要素も追加された、新たな“アマゾンライダー”たち

「仮面ライダーアマゾンズ」は、2016年に配信オリジナル作品として発表された。現在放送中の「仮面ライダーエグゼイド」(毎週日曜朝8時、テレビ朝日系)などの、いわゆる“ニチアサ”枠で放送する仮面ライダーシリーズとは異なる、ハードな世界観と映像表現に挑戦した意欲作だ。

今作のシーズン2は、シーズン1から5年後が舞台。新たな主人公とヒロインによる“ジュブナイル恋愛ストーリー”を軸に、シーズン1のキャスト陣と共に新たな物語が展開される。

アマゾンに育てられた少年・千翼(チヒロ)/仮面ライダーアマゾンネオを演じる前嶋は、本作が映像作品初出演。「当たって砕けるつもりでオーディションに臨んだので、合格と聞いたときはただただ信じられなかったです」と初々しいコメント。

撮影現場について問われると、「初演技なのですが、毎回OKをもらうまで10カットぐらいかかってしまって。申し訳なく感じていたのですが、周りのキャストやスタッフの方々が励ましの言葉やアドバイスをくれ、すごく温かい現場でした」と振り返った。

アマゾンとして死からよみがえった少女・イユ/カラスアマゾン役の白本は、役について「せりふは本当に少ないです。1、2話では『…』とか『了解』ぐらいなのですが、一言一言に魂を込めたので注目してほしいです」とアピールした。

また、オーディションの二次審査を忘れていたというエピソードを告白。「学校でのんきに部活をやっていたので、マネジャーさんに無茶苦茶怒られて。泣きながら電車に乗って会場へ向かいました。マネジャーさんに合格を伝えられたときは、『遅刻すると合格するんだな』と思ったりしました(笑)」と明かし、会場の笑いを誘った。

シーズン1の主人公を務め、今作も引き続き水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガを演じる藤田。「実は撮影が始まってもあまり出番が無くて。『どうしよう!』と不安になっていましたが、作品の鍵を握っている役だったので、光栄に感じました。前作から5年後ということで、成長した悠を見せなければいけないので、真剣に取り組みました」と語った。

同じく前作から引き続き鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ役の谷口は、新たな主人公・千翼に対して、自身の役柄も絡めたユーモラスな発言。「早いうちにこいつを殺して、早く主人公に返り咲きたい(笑)」と語ると、会場からは今日一番の笑いと拍手が沸き起こった。

しかし、「シーズン2を待っていた皆様に、とんでもない作品をお見せできる自信があります。アマゾンズを倒すのはアマゾンズだけだと、心から思いました」と最後には熱いあいさつで、観客へ作品の完成度をアピールした。

そして、前嶋も「たくさんの仮面ライダーシリーズと、『―アマゾンズ』シーズン1に敬意を払いつつ、全てのシリーズを上回る作品に仕上がっていると思います。ぜひ見てください」とメッセージを送った。

最終更新:4/7(金) 10:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)